コインチェック、大口OTC取引サービス提供開始。最低取引は50BTCから

Coincheckは4月1日、大口取引の顧客を対象とした「大口OTC取引」のサービス提供を開始した。

大口OTC取引はビットコイン(BTC)が対象となっており、現在はCoincheck WEB版のみに対応している。同サービスでは、最低50BTCから最大1000BTCを一回の取引で行うことができる。専用窓口は平日10時から15時と設定されており、24時間取引が行われている板取引とは区別されている。

OTC取引(店頭取引)とは、売り手と買い手が取引所を介さずに直接取引を行うため、当事者間で数量・価格・決済方法を設定できる。仮想通貨取引におけるOTC取引には、①個人対個人で行う取引、②取引所対個人が「販売所形式」で行う取引、の2つがある。

OTC取引のメリットは、売り手から提示された価格で即座に取引が可能なことだ。板を取引して個人同士が取引を行う「取引所形式」では、流動性が低い通貨の場合に取引が約定するまで時間がかかったり、希望価格で希望の数量を購入することが難しいというケースが考えられる。OTC取引では、例えば流動性の低い仮想通貨の大量売買においても、OTC業者(取引所)が買い手と売り手がマッチングするよう取引を執行する。取引にはお互いの合意さえあれば、相場に左右されないことが特徴だ。

大口トレーダーや機関投資家は、相場への影響を考慮してOTC取引を利用することが多いと言われている。これまでも、海外の取引所における機関投資家を対象としたOTC取引に関する報道は多くなされている。低迷が続いていた仮想通貨市場だが、大口顧客向きの取引プラットフォームが取引所で整備されることで、今後に向けて着実に一歩ずつ歩みが進んでいることが見受けられる。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】大口OTC取引サービス提供開始のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。