ブルームバーグ、債券インデックスを「ブルームバーグ債券インデックス」にリブランディング

ブルームバーグ エル・ピーは8月26日、債券のベンチマークである「ブルームバーグ・バークレイズ・インデックス」をリブランディングし「ブルームバーグ債券インデックス」と名称を変更したと発表した。ブルームバーグは2016年8月にバークレイズ・リスク・アナリティクス・アンド・インデックス・ソリューションズ・リミテッド(BRAIS)を買収、5年間の移行期間が終了したことに伴い、今月24日付で名称を変更していた。

新名称のブルームバーグ債券インデックスには、米国総合、ユーロ総合、アジア・パシフィック総合、グローバル総合、米国地方債、ハイイールド債、新興市場債、物価連動債、転換社債インデックスなどの主要な債券ベンチマークや、オーダーメイドで組成された全てのカスタム債券インデックスが含まれる。また従来の「ブルームバーグ・バークレイズMSCIインデックス」も「ブルームバーグMSCI ESG債券インデックス」に変更された。

ブルームバーグ・インデックスは、アセットクラスのリスク・リターン特性を把握するために客観的かつルールに基づいた代表的なベンチマークとして、1973年以来、債券投資家に最も広く利用されているインデックス。 クーン・ローブ、リーマン・ブラザーズ、バークレイズ、ブルームバーグ・バークレイズといったブランドのもと、投資家に豊富な市場情報を提供してきた。16年にブルームバーグはバークレイズからこれらの資産を買収し、5年間の共同ブランド化に合意。合意期間が経過したため、新名称となった。ブルームバーグの端末上では24日以降、ベンチマークにアクセスできる機能に、新ブランド名が反映されている。

ブルームバーグは「ブルームバーグ債券インデックスを通じて、ニーズに合わせて進化するインデックス事業を今後も発展させていく。顧客の個々の資産運用の目標達成に向けて最高品質のサービスを提供するために、株式、より広範なマルチアセット、ESG、テーマ型のインデックスといった、あらゆるアセットクラスのインデックス分野のイノベーションにも注力していく」とコメントしている。

【関連サイト】ブルームバーグ・インデックス

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」