ライトニングネットワーク、ビットコイン以外の仮想通貨でも導入か

P2P取引の効率をあげる「ライトニングネットワーク」。昨年12月にはビットコインでの実装テストが成功した同技術だが、イーサリアムやNeo、ステラなど他の仮想通貨の開発チームも同様のネットワークの可能性を感じていると今月15日、Coindeskが報じた

ライトニングネットワークとは、本来のブロックチェーンではなく、繋がっている2者同士がオフチェーン上での仮想通貨の取引を可能にするネットワークだ。

毎回の送金をノードが検証し、承認されてそのブロックがオンチェーンにひとつひとつ追加されるという一連の作業を省くことで、即時送金が可能になる。さらに、少額決済(マイクロペイメント)時の手数料の大幅な削減やビットコインのスケーラビリティの問題も改善するという。

現在イーサリアムは「Raiden」、中国版イーサリアムと呼ばれるNeoは「Trinity」というライトニングネットワークの開発に取り組んでいる。即時的・効率的な送金技術を求める仮想通貨にとって今、まさに求められているネットワークかもしれない。

【参照サイト】Bitcoin Isn’t the Only Crypto Adding Lightning Tech Now
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法(BTC)
【関連ページ】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法(ETH)

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」