ビットコインの価格を押し上げている要因とは?著名投資家が指摘する3つの要因

2017年12月にビットコインが220万円近い最高値をつけてから下落トレンドにあった相場は、2019年5月ころからトレンド転換の兆しを見せており、6月下旬には140万円以上にも達した。米国では、大手仮想通貨取引所コインベースが2018年の9月30日以来の最高値9,388米ドルを記録した。またビットコインの時価総額が1,650億ドルを超えるなど、相場が活気付いている。ビットコイン価格の上昇理由について3つの要因を著名投資家が分析した。6月16日、米仮想通貨メディアCCNが報じている。

1つ目は、大手仮想通貨取引所Binanceが6月14日、米国トレーダーの利用禁止と米国市場に特化した仮想通貨取引所Binance USの設立を正式に発表したことが挙げられている。米国では、仮想通貨が証券に該当するか否かの議論が進められており、Binanceは米国在住者へのサービス提供を制限していた。経済の中心である米国においてBinanceのサービスが提供されることに対して投資家からの注目は大きいとアナリストは指摘している。

2つ目は、Facebookが仮想通貨「Libra(リブラ)」を発表したことだ。Digital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)の創設者Barry Silbert氏は、Libraを通してビットコインについて学び、利用を決めるかの「触媒」になる可能性があるとの見解を示している。Libraプロジェクトは、複数の著名投資家から「仮想通貨のシェア拡大には不利益」という見方もされており、賛否が分かれている。

3つ目は、中国市場の衰退を原因とする資産逃避マネーの投資先にビットコインが選ばれた可能性が挙げられている。ベンチャー投資企業Placeholder社のChris Burniske氏は、ビットコイン価格上昇と人民元価格の低下に相関関係があると指摘している。中国では、2016年に資本規制を行った際、資産避難先として人民元をビットコインに換金し、ビットコインの市場が大きく成長した過去がある。

2017年後半に見られた「取り残されることへの恐怖」が高まり、ビットコイン価格の上昇に伴ってこれまで傍観していた投資家たちも参入していくことが考えられる。しかし、目先の価格変動に振り回されないよう、仮想通貨の置かれた現状などについて日々情報を収集しておくことが重要だ。

【参照記事】Facebook, Binance, Chinese Yuan Combine to Boost Bitcoin above $9000

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。