ソフトバンクがメタバースNFT「The Sandbox」の100億円規模の資金調達をリード

ソフトバンクグループの運営するVision Fund 2 は11月2日、NFT活用のメタバース「The Sandbox」による9,300万ドル(約100億円)規模の資金調達ラウンドをリードしていたことが明らかとなった。

The Sandbox は「メタバース」と呼ばれる仮想空間内でキャラクターを操作して遊ぶゲームで、現在iOS版、Android版、Windows版がリリースされている。シリーズとしては全世界で累計4,000万ダウンロードを達成し、月間ユーザーも100万人を超える人気プロジェクトだ。

このゲームの特徴は、ブロックチェーン技術を基盤としたユーザー主導のゲームプラットフォームであることだ。The Sandboxはイーサリアムブロックチェーンを使っており、ユーザーはゲーム内で流通する独自トークン「SAND(サンド)」を使用することで、ゲーム内で売りに出される土地を購入したり、獲得したアイテムやキャラクターを他のプレイヤーに販売できる。つまりユーザーは、The Sandboxをプレイすることで実際に暗号資産を稼ぐことができ、現実空間と同じようなビジネス展開が可能ということだ。

ゲームで使用されるSANDトークンは、先週Facebookが社名を「Meta」に変更して以降、2倍以上価格が高騰していたが、今回のソフトバンクによる出資のニュースを受け、さらに前日比30%以上の急騰を記録した。

運営企業であるAnimoca Brandsによると、The Sandbox内には今年だけでも50万人以上のウォレットが登録され、1万2,000人以上のバーチャルランド(ゲーム内の土地)所有者がいるとのこと。

今回 Vision Fund 2をリードに調達された資金は、クリエイターエコノミーの拡大、仮想領域におけるファッションや建築などのアップグレードに充てられるという。

ソフトバンクグループは近年、暗号資産やブロックチェーンに関する大型投資に積極的に取り組んでいる。今月1日には、米大手暗号資産企業DCGの800億円に相当する株式私募を主導していたことも報道されていた。

【参照記事】SoftBank leads $93 mln investment in NFT gaming firm the Sandbox

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec