ビットコインの表記単位を「BTC」から「Satoshi」へ変更、Galaxy DigitalのCEOが提案

金融投資事業を手がける米Galaxy DigitalでCEOを務めるMike Novogratz氏が、ビットコインの単位表記をBTCからSatoshiに変更すべきとの提案を行った。5月9日に自身のTwitterに投稿している。

Novogratz氏は、CoinbaseやBinance、Gemini、FTXといった世界の主要取引所のCEOをタグづけする形でTwitterに投稿。BTC表記は金額が高すぎるとして、Satoshi(SATS)での表記に移行しないかと提案した。

提案の背景にあるのは、暗号資産投資に明るくない人々にはビットコインが高価な投資対象としての人気が広まってしまっている点だ。ビットコインの最小単位は1BTCではなく1Satoshi(1億分の1BTC)であるものの、これを知らない人はビットコインを購入できないと認識してしまっているという。

Novogratz氏は、取引所などのビットコイン表記をBTC単位ではなくSatoshi単位に切り替えることで、こういったイメージを払拭することができると言及している。仮に、1BTCを600万円として計算すると、1Satoshiは0.06円に相当する。

リップル(XRP)やネム(XEM)といった暗号資産が日本で人気を持つ背景には、安価に投資できるイメージがあるからかもしれない。ビットコインが0.06円から投資できる暗号資産であるとのイメージが定着すれば、更なる市場の成長が期待できそうだ。

一方で、Satoshi表記にした場合にはビットコインの認知度が低下することにも繋がりかねない。Satoshiという表記は、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトに由来するが、そういった背景を知らない人にとっては、Satoshiがビットコインを意味することを知るまでには時間がかかりそうである。

今回の提案を行ったNovogratz氏がCEOを務めるGalaxy Digitalは、5月5日に暗号資産カストディ最大手のBitGoを12億ドルで買収している。BitGoは、2020年末にPayPalより7.5億ドルでの買収を提案されていたものの、金額の折り合いがつかず提案を拒否していた。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】‘Time to Switch to Satoshis’: Mike Novogratz

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec