松井証券が投資信託の取扱商品を拡充。ESG・SDGs関連銘柄含む23銘柄を追加

松井証券株式会社は5月31日から、投資信託の取扱商品として新たに23銘柄を追加する。追加銘柄には「iTrustティンバー」「UBS気候変動関連グローバル成長株式ファンド」など、近年注目を集めるESG(環境・社会・企業統治)・SDGs(持続可能な成長目標)関連の銘柄も含まれている。今回の追加で、同社の投資信託の取扱商品は1476銘柄となる。28日のデータ一括処理終了後(午後5時頃予定)から発注可能。投資信託の購入は投資信託会員画面、投信アプリから手続きできる。

同社の投資信託サービスでは、投資信託を100円から購入できるほか、2019年12月に投資信託の購入時手数料を完全無料化、20年4月には信託報酬の一部を顧客に現金で還元する日本初の「毎月現金還元サービス」を開始するなど、投資信託を活用した資産運用を始めやすい環境を訴求している。

利用開始時には3つのロボアドバイザーが資産形成をサポート。簡単な8個の質問に答えるだけで、一人ひとりに最適なポートフォリオ(投資信託の組み合わせ)を提案する「投信工房」をはじめ、運用目的や興味のある資産に応じて投資信託を提案する「投信提案ロボ」、保有銘柄の診断や似た条件の銘柄を表示する「投信見直しロボ」を提供する。

今回追加した銘柄のうち、22銘柄が現金還元サービス対象となる。同サービスは投資信託の月間平均保有金額に応じて還元するもので、最大0.78%を還元。同社が取り扱う1400本以上の投資信託のうち、今回の銘柄追加によって全体で1076本が対象となった。

【関連サイト】松井証券のウェブサイト
【関連記事】松井証券の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」