政治によって荒れる香港、ビットコインを資産の避難先として利用か

香港での政府不信は同国経済の危機感にも繋がったのか。香港の仮想通貨取引所TideBitではビットコインが世界平均の75米ドルから150米ドル程度上回る価格をつけた。国内取引所のBitpointやLiquidの提供する海外向けの仮想通貨取引所でも、ビットコインの香港建がプレミアム価格をつけている。6月16日、仮想通貨メディアBitcoin.comが報じている。

香港で行われたデモは、香港で身柄の確保した容疑者を中国本土へ移送することを可能にする「逃亡犯条例」改正に対して、参加者が政府に反対の意思を示したものだ。香港では、6月9日に103万人のデモ、16日には200万人近くのデモが行われた。7月にも政府の建造物に抗議者が突入するなど、香港政府に対する抗議活動はいまだ収まっていない。

ロイター通信では、国に対して不信感を抱いている裕福層は自分たちの資本を海外へ移動させるために、逃避資産として一時的にビットコインを利用したと報じている。香港の富裕層が恐れていることは、中国裁判所の香港人に対する資産凍結と中国政府による資産没収と言われている。

仮想通貨は国家の発行する通貨とは異なる資産的な価値を持つことが特徴だ。これまでにも、ビットコインはキプロスで発生した金融危機の資産避難先として利用され、キプロス危機当時のビットコイン価格高騰に影響を与えたとされている。そのため、香港のデモもビットコインの今後の値動きに影響を与える可能性が指摘されている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Bitcoin Trades for a Premium in Hong Kong During Protests
【参照記事】香港で再び大規模デモ 政府の「撤回しない」に反発

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。