G20ブエノスアイレス、「仮想通貨は金融システムの持続可能な発展のための要素」

世界の先進国と新興国の中央銀行総裁などから構成されるG20が12月1日閉会した。今回のG20会合ではこれまでに引き続き、仮想通貨を含む金融システムが経済の発展に不可欠であると示し、マネーロンダリングやテロ資金供与対策の観点から、国際基準の策定が必要との見解の一致に達している。また、世界的に経済取引の電子化が進んだことから、現行の国際的な課税制度では対応できなくなることを見越し、2020年までに課題を解決に向けて作業を進める方針を確認した。

仮想通貨の国際ルール策定と国際課税制度の解決策については、7月にも話し合いのテーマに挙がった。10月には仮想通貨の国際基準の策定をG20から依頼されている金融活動作業部会(FATF)が、マネーロンダリングやテロ資金に利用されることを防止するために、仮想通貨の国際ルールの策定をすべきであると報告した。現行の国際課税システムについては、G20と経済協力開発機構(OECD)の両者によって、課税システムに影響を与える課題の解決策追求に取り組むとした。

【参照サイト】G20 Leaders’declaration Building consensus for fair and sustainable development
【参照サイト】G20ブエノスアイレス・サミット首脳宣言(骨子)
【参照サイト】G20ブエノスアイレス・サミット首脳宣言(仮訳)
【参照サイト】説 明 資 料 〔国際課税について〕

The following two tabs change content below.
Sho Jin

Sho Jin

「難解な用語を誰でもわかるように」をモットーに「HEDGE GUIDE」では、ニュース記事・コラム記事・プレスリリースなどの執筆を担当。チャートを1日中見続ける、海外の情報収集により投資判断を行うなどの経験から、独自のマーケット分析を行う。原動力は、好奇心。