ステーブルコインUSDC発行のCircle、4億4,000万ドルを調達してSPACによる上場を視野に

ステーブルコインUSD Coin(USDC)の発行及び管理を行う米Circleが、4億4,000万ドルの資金調達を実施したことを5月28日に発表した。同社によると、今回の資金調達額は金融テクノロジー領域におけるプライベート投資の中ではトップ10に入るという。

Circleは、今回の資金調達を経て最高戦略責任者(CSO)やグローバルポリシーリーダー、最高財務責任者(CFO)最高コンプライアンス責任者(CCO)などのポジションを強化したとしている。

過去の資金調達実績としては、2018年に1億1,000万ドルを、2020年には2,500万ドルを調達していた。その際の評価額は30億ドルと報じられている。今回の資金調達には、大手レガシー金融Fidelityや暗号資産デリバティブ取引所FTX、グレースケール親会社Digital Currency Groupなどが参加しているという。

米暗号資産メディアThe Blockによると、Circleは特別目的買収会社(SPAC)を使った上場を目指しているとのことだ。今回の大型調達は、SPACを控える会社に見られる傾向だという。

Circleは、米暗号資産取引所Coinbaseと共同でステーブルコインUSDCの発行及び管理を行なっている。これまでに、1,000万人を超える個人顧客と1,000を超える企業による1億件以上のトランザクションをサポートしてきた。USDCの時価総額は220億ドルを超え、過去1年間で6,150億ドル以上の取引実績があるという。

特にDeFi市場での利用が活発であり、UniswapやCompound、Aaveといった主要DeFiプラットフォームが揃って取り扱いを行なっている。

USDCは、その他にレガシー金融での活用実績も着実に増やしてきている。米ドル連動型のステーブルコインとしては、USDCに加えてTether(USDT)のシェアが多くなっているものの、USDTは透明性の観点で不安材料が多い。

そのため、レガシー金融ではUSDCを採用することが多くなっているのだ。具体例としては、4月に米銀行Signature Bankとの提携を発表し、Signature BankのサービスにUSDCを含むCircleの製品が統合されている。

【参照記事】Circle Completes $440 Million Financing to Drive Growth and Market Expansion

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec