【暗号資産取引所の元トレーダーが解説】時間を味方につけることの重要性

今回は、時間を味方につけたトレードについて、大手暗号資産取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では暗号資産コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. 時間を味方につける意味
  2. 時間軸がとても大切な理由
  3. エントリーは利用できる資金の10分の1
  4. 時間を味方につけたトレード事例
  5. 時間分散でメンタルの負担を軽減する

暗号資産市場は一旦落ち着きを見せているものの、将来的な期待値がどんどん高まる中、暗号資産取引所の口座開設数も増加の一途を辿っています。

暗号資産市場に参入している投資家は、これまで株やFX等伝統的なアセットクラスをトレードしてきた投資家もいれば、最近のビットコインの値上がりを見て初めて投資に触れる方も多いと思います。

暗号資産トレードに取り組む上で様々な勉強をしていると思いますが、私が実践経験の中で大切さを実感したポイントをご紹介したいと思います。

①時間を味方につける意味

最初に「相場のなかで時間を味方につける」という意味について理解してもらいたいと思っています。時間を味方につけるって意味不明と思われる方もいるかもしれませんが、個人的には相場で利益を出し続けるために重要なことと思っています。

時間を味方につけるということは「エントリーの時間を分散化すること」という意味です。相場の動きというものはエントリーした瞬間に思惑通りに動くと幸運ですが、そんなことはほとんど起こりません。

いつ相場が動き出し、動意がみられるかは全くの未知数です。動き出しのタイミングを管理できない以上、やるべきことはリスク管理となります。そうした観点から、エントリーの時間分散が大切になります。

相場には縦と横の軸があります。価格がどれだけ下落・上昇したかという縦の軸。そして、どの程度の時間が経過したか、という横軸です。相場がレンジ相場となれば、縦軸と横軸の両方の視点から、底堅くなってきたか、上値が重くなってきたかと判断しているのです。

よくSNSなどで「この水準まで下落したら買う」とか「ここまで上昇したら売る」といった発言が見られますが、時間の概念を入れたコメントというのはあまりないようです。

②時間軸がとても大切な理由

ビットコインや暗号資産をトレードする上では、時間軸の考え方というのは他の投資商品以上に大切だと考えています。

その理由としては暗号資産特有の「値動きの大きさ」があります。暗号資産市場は1日に50%動きたりする等、値動きの大きさが他の投資対象と比較してもとても大きく、リスク管理がとても難しい投資対象です。

値動きが大きい=心理的な負担が大きい、ということを意味します。例として100万円をトヨタ自動車の株を購入した場合と、100万円をビットコインに投資した場合を考えてみるといいでしょう。

日本株でトヨタ自動車のように大きな銘柄の場合、1日に動く株価の変動率は大きくても10%を超える程度ではないかと思います。

一方でビットコインの場合、1時間で10%動いても全く不思議ではありません。仮に自分が両方に投資していた場合、常に価格を気にしてしまうのはビットコインではないでしょうか。

そのため、エントリーも方向性を決めた後は、少額のエントリーからスタートすることで得策です。早い段階で相場が逆方向に動いたとしても、損失金額が少ないため、冷静に相場を俯瞰して判断することができます。

③エントリーは利用できる資金の10分の1

投資の初心者で陥りやすいのは、投資資産を一気に突っ込んでしまい、ヒヤヒヤしながら相場を眺めてしまうことです。またリスクを結構取ってしまっているため、常に相場動向をチェックしないと不安な心理状態に駆られることになってしまいます。このような心理状態で冷静なトレードができる人はいません。

トレードではリスク管理やメンタルコントロールが勝敗の鍵を握るということです。個人的なリスク管理の方法は「最初のエントリーは利用できる資金の最大10分の1から」としています。また、資本の5%を利用してトレードするという方法もあります。

この程度しか利用しないのかと思われるかもしれませんが、最初はもっと少なくてもいいと思っています。そのくらいトレードというのは心理的な負担が大きいということです。

④時間を味方につけたトレード事例

最後に時間を味方につけるという取引方法は、どのようなものなのか具体的な方法を実際のチャートを例にして解説したいと思います。

Time
上記はビットコインの日足チャートです。

ご覧頂くとわかる通り、上昇相場の中で、一旦調整安を迎えているのが大きな赤丸印の部分です。エントリーの方向性は明らかにロングですが、一体どこでエントリーすべきでしょうか。

仮に、調整に入ったばかりの最初の黄色○(40,000ドル付近)で、資金を全て使ってエントリーを行った場合、28,000ドルまで下落するため30%も損失を被ることになります。2倍のレバレッジかけていた場合は60%も元金が毀損することになります。

はたして投資初心者がそのような損失を精神的に耐えることができるでしょうか。ほとんどの方にとっては難しいでしょう。

今回であれば、4つの黄色〇にわけてエントリーすることが重要です。こうすることで、損益分岐点を下げつつ、損失幅を限定できるため、心理的な負担を低減できるのです。

このようにエントリーを分散化することは、自分自身をコントロールするためにもとても大切なことです。仮に4倍のレバレッジをかけていたとすれば、30,000ドル付近で破産しています。ビットコインの値動きの大きさと、レバレッジのリスクを理解してください。

⑤時間分散でメンタルの負担を軽減する

暗号資産のような値動きが大きい商品でトレードしていれば、誰でもセンシティブに考える傾向があります。そうした環境で、自分の心理的な動きがどのようになりやすいのかという点をしっかりと考えてみるといいでしょう。

意外と自分自身の性格というのはわかっていないことが多いものです。自己分析を最初に行い、性格を理解しないとメンタルコントロールもできるわけがありません。リスクコントロールができないなら、ビットコイン含めた暗号資産の投資は避けた方が賢明でしょう。そのくらいリスクコントロールが一般的な人が考えているほど簡単なものではないということです。

しかし、裏を返せば「メンタルコントロールができれば、利益を出すことはそれほど難しくない」ということです。私はメンタルコントロールが7割と考えており、簡単なテクニカル指標を使えれば、投資初心者でも勝てると考えています。

トレードは常に心理的な余裕を持っておくことが大切です。そのためにも、暗号資産市場でトレードしたい投資初心者はこの時間軸とリスクコントロールを組み合わせた考え方を、しっかりと理解してからトレードすることをおすすめします。

暗号資産は急な値動きを見せる場面が多く、そうした急変に対応できる精神力が必要です。難しさもありますが、克服できると有意義に資産を増やしせるマーケットなので研究してみると良いでしょう。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12