【5分で分かる!】bitbankの口座開設、取引の始め方から投資までのかんたんガイド

仮想通貨時価総額が上昇を続けた「仮想通貨バブル」は資産1億円を保有する「億り人」を続出させるほど、熱気に満ち溢れたものでした。2017年の加熱した仮想通貨市場は2018年に入ってから一転。時価総額は下落の一途をたどり、「仮想通貨は終わった」と言われるほどに熱気が冷め、仮想通貨市場からの離脱者は後を絶たない状況です。

ですが、仮想通貨を投機の対象とだけ考え、仮想通貨の備えるポテンシャルを知らずに投資を辞めてしまうのは非常にもったいない行動です。利益という観点だけで考えれば、今後仮想通貨が普及すればリターンを得ることができるわけですから、当然のことといえるでしょう。

仮想通貨は今や実際に世界で利用されるのかどうかを試されるフェーズに入ってきています。新しい技術であるがゆえその普及が確約されてるものではありませんし、リスクの高いものであることは事実です。一方で、リップル(XRP)などでは金融機関での国際送金に利用されることが決定されるなど、徐々にではありますが仮想通貨の普及は始まっているのです。

今後こうした仮想通貨の実用化の話が出てきた時にいざ仮想通貨を購入しようと思っても、そもそも「具体的な口座開設の方法がわからない」「どこの取引所を開設すればいいかわからない」という初心者の方もいるでしょう。そこで、この記事ではHEDGE GUIDE編集部がおすすめする仮想通貨取引所「bitbank」の登録から取引開始まで、一連の流れをご紹介します。

目次

  1. bitbankの特徴
    1. bitbankは「板」注文を利用した取引所形式
    2. 100を超えるテクニカル分析が使えるTradingView
    3. 追証なしでレバレッジ20倍のビットコインFX取引が可能
    4. 世界一のXRP(リップル)取引量を誇る取引所
  2. bitbankの新規登録・口座開設の流れ
    1. bitbankの公式ホームページにアクセスする
    2. メールアドレスを入力して仮登録する
    3. 口座の登録完了後、本人確認証明をする
  3. bitbankで取引を始めるには
  4. まずは仮想通貨の雰囲気を肌で感じてみることがおすすめ

1 bitbankの特徴

まずはbitbankの特徴から見ていきましょう。

1-1 bitbankは「板」注文を利用した取引所形式

仮想通貨の取引には、主に取引所形式と販売所形式の2種類に分けることができます。

取引所形式 ユーザー同士が価格を提示しあって仮想通貨を購入できる。販売所方式よりも比較的安い価格で仮想通貨を購入できる上に、買った瞬間にスプレッド分の損失が発生する販売所方式よりもお得な購入方法
販売所形式 購入希望者は取引所が提示する価格で仮想通貨を即座に購入できる。取引所に対して手数料(スプレッド)を支払う必要がある購入方法

bitbankは取引所形式の仮想通貨取引所で、仮想通貨を比較的安い価格で入手可能なことが特徴です。

1-2 100を超えるテクニカル分析が使えるTradingView

bitbankでは100以上のテクニカル分析が使えるTradingViewを採用しており、トレンドラインや一目均衡表はもちろん通貨ペアの比較分析も可能な高性能なチャート機能が特徴です。スマホからでも機能性を兼ね備えたチャートを利用しながらテクニカル分析を行うことができます。シンプルで軽量でありながら、本格的な取引が24時間365日リアルタイムで可能な仮想通貨取引所です。

1-3 追証なしでレバレッジ20倍のビットコインFX取引が可能

ビットコイン先物取引「BTCFX」では20倍のレバレッジでビットコインFX取引が可能です。「買い建て(ロング)」「売り建て(ショート)」が可能なので、上げ相場・下げ相場、どのような相場状況でも利益獲得機会があることが特徴で、追証なし、土日夜間を含めほぼ24時間365日取引可能、10,000円程度の証拠金から取引ができることが特徴です。

1-4 世界一のXRP(リップル)取引量を誇る取引所

bitbankは2018年5月31日、公式ツイッターでリップルの取引量が世界第1位となったことを発表しました。これはリップル社公式の取引量ランキング「XRP Markets」の過去30日間統計で明らかになったものです。bitbankは取引所形式の販売を行っているため、取引量が多いことで流動性が確保されていることは仮想通貨取引所を選ぶ上で重要です。

2 bitbankの新規登録・口座開設の流れ

以下では、bitbankの新規登録と口座開設の手順を見ていきましょう。

2-1 bitbankの公式ホームページにアクセスする

2-2 メールアドレスを入力して仮登録する

メールアドレスを入力すると、自身のメールアカウントにbitbankから本登録用のアドレスが送られてきますので、アクセスすると登録画面が出ます。入力していきましょう。

2-3 口座の登録完了後、本人確認証明をする

画面右上の赤枠で囲まれたシルエットアイコンをクリックして本人確認設定画面へと移ります。


基本情報や本人情報を確認し、入力すれば完了です。

3 bitbankで取引を始めるには

管理画面にログインし、日本円を指定された口座に入金しましょう。

入金額は、1000円から可能です。振込には、管理画面に表示されるアルファベット4文字と5つの数字で構成されるアカウント名と名前をつけた名義が振込の依頼人名となります。アカウント名のつけ忘れには注意しましょう。

板注文を利用して仮想通貨を購入してみよう

注文方法は成行注文と指値注文の2種類から選択できます。自分の性格に合う方法を選びましょう。

4 まずは仮想通貨の雰囲気を肌で感じてみることがおすすめ

いかがでしたでしょうか。仮想通貨投資は、株式投資や投資信託と比較しても手軽に投資を始められるので、20代・30代の投資を中心に人気を博しています。今や、証券口座を持っておらず投資の経験のない若年層でも、仮想通貨を購入したことはあるという人もいるほどです。

仮想通貨投資はハイリスク・ハイリターンの投資ですので、資産の大部分を仮想通貨投資に充てることはおすすめできませんが、資産運用をしながらも新しい技術の普及を感じることができるのは仮想通貨投資の醍醐味ともいえるでしょう。また、相場の格言には「総悲観は買い」という言葉があります。相場が冷え切る仮想通貨市場も、この格言を信じて投資を続けている人が一部にいることも事実です。取引所の口座開設をするのは無料ですので、まず口座だけでも開設をして、こうした相場の雰囲気を肌で感じてみることもおすすめです。

100を超える豊富なチャート機能でテクニカル分析ができる「bitbank」

仮想通貨取引所・販売所のbitbank

bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所で、100を超えるテクニカル分析が使える高機能なチャート「TradingView」が無料で利用できます。また、リップル(XRP)の取引量が国内はもちろん、世界でも有数の取引所として知られています。リップル(XRP)を現物で購入できる取引所は国内でも限られているので、リップル(XRP)を購入したいという方はぜひ開設しておくべき取引所のひとつです。また、ビットバンク株式会社は、初心者にも役立つビットコイン情報メディアBTCNを運営しているので、情報収集をしたいという方もぜひ参考にしてみると良いでしょう。

【関連記事】bitbankの口コミ・評判・口座開設

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」