米決済大手Square、「Block」へ社名変更

米決済大手Square社は12月1日、社名を「Block」へ改名したことを明らかにした。法的な社名変更は、12月10日ごろに行われる予定となっている。なお、同社の上場先であるニューヨーク証券取引所のティッカーシンボル「SQ」は、現時点では変更される予定はないようだ。

Blockへの社名変更は同社の成長を示している。同社は2009年の創業以来、モバイルバンキングアプリ「Cash App」、音楽配信サービス「TIDAL」、ビットコイン分散型取引所「TBD54566975」を事業として追加してきたが、今回の社名変更にはさらなる成長の意志が込めているようだ。

Blockという社名には、積み木、街区あるいは建物群とそこで展開される地域に根づいたビジネス、ブロックチェーン、克服すべき障害など、多くの意味が含まれているという。

同社の共同創業者兼CEOのJack Dorsey氏は、今回の社名変更に関して「社名がBlockになっても経済的エンパワーメントという我々の目的は変わらない。私たちがどのように成長し、変化しても、経済へのアクセスを増やすためのツールを作り続ける。」と言及した。

今後、Blockが企業全体を指す名称となり、Squareの名称は同社が提供しているコマース・ソリューション、ビジネスソフトウェア、銀行サービスなどの販売者向け事業のブランド名として引き続き使用される。

今回の社名変更では、組織の変更はなく、Square、Cash App、TIDAL、TBD54566975は、それぞれのブランドを維持し続けるという。ただし、ビットコインの普及を目的としたSquare Cryptoに関しては、社名変更に伴い「Spiral」へとブランドを変更している。

同社は、先月ビットコイン上の分散型取引所「tbDEX Protocol」のホワイトペーパーを公表し、話題を呼んだ。また、同社のDorsey氏は、11月29日にTwitter社のCEOを退任すると発表したばかりである。SNS上では、Dorsey氏が今後ますます暗号資産関連事業に注力するのではないかという憶測が飛び交っている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Square, Inc. Changes Name to Block

訂正のお知らせ:「Cash App」の記述に関して修正をいたしました。(最終更新日時:2021年12月7日10時59分)

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec