スクエアがビットコイン上にDeFiサービスを構築

米決済プラットフォームSquare(スクエア)が、ビットコインのブロックチェーンを基盤とした分散型金融(DeFi)関連の新事業を計画していることがわかった。7月16日にCEOのJack Dorsey氏が自身のTwitterで明らかにしている。

Dorsey氏によると、Squareは非集権的でパーミッションレスなDeFiサービスを構築することを目的に、ビットコインを活用するという。プロジェクト名は未定だが、CashAppの開発リーダーを務めるMike Brock氏が率いるとしている。

新事業は完全なオープンソースで開発され、SquareのCash AppやTidalといった事業にならぶ主軸のサービスに育てていくという。また、Squareにおける暗号資産関連事業であるSquare Cryptoとは異なるものになると説明した。

Squareでは、ビットコインのハードウェアウォレットの開発も進められていることが明かされており、新事業と同様にオープンソースで行われている。新事業をリードするBrock氏は次のようにコメントした。

「私はオープンソースの世界に戻ってこれることを非常に嬉しく思います。私はもともと、オープンソースの世界に身を置きRedHatを原点としていました。フリーでオープンなソフトウェアでもビジネスを構築できることを再び証明したいと思います。」

また、ビットコインやブロックチェーンについても「テクノロジーは常に分散志向であると私は信じています。印刷機からインターネット、ビットコインまでテクノロジーは大衆に力を与え、人間の可能性を解き放つ力があるのです。」と述べている。

Dorsey氏によると、Squareは新事業の詳細に関する最新情報を提供するために、TwitterとGitHubのアカウントを開設する予定だという。なお、Twitterアカウントはその日中に公開されている。

Dorsey氏は、ビットコインをテーマにした大規模カンファレンス「The B Word」の開催をアナウンスしている。7月21日より開催の本カンファレンスは、業界団体「Crypto Council for Innovation」が主催だ。

【参照URL】Twitter – jack

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec