著名投資家のレイ・ダリオ氏、ビットコインを保有していると発言

著名投資家のRay Dalio(レイ・ダリオ)氏が、米暗号資産メディアCoinDeskの主催するカンファレンスConsensusにて、ビットコイン(BTC)を保有していることを明らかにした。

レイ・ダリオ氏は、大手ヘッジファンドBridgewater Associatesの創業者だ。総資産は203億ドルに及ぶとされ、世界の大富豪ランキング2021でもトップ100に入っている。

ダリオ氏は、「インフレ局面においては、債券よりもビットコインを保有することを好む」と発言しており、ビットコインを保有していることも明らかにした。なお、購入時期や保有量などの詳細は明かしていない。

今回の発言は、5月24日より開催された業界最大規模のカンファレンスConsensusで行われたものだ。ダリオ氏がビットコインを保有している事実は5月24日に明らかとなったものの、収録自体は5月6日行われたという。

ダリオ氏は以前よりビットコインに対して懐疑的な見解を示していた。具体的には、「ボラティリティの高さや商取引での使いづらさ、各国による法規制の影響」などに言及している。

しかしながら、2020年末ごろより徐々にビットコインへの関心が高まっていることを明らかにしており、技術的な仕組みについては一定の評価を下していた。今回の放送では、ビットコインについて次のように言及している。

「現在、米ドルが1971年以来の低水準に価値を下げる可能性を抱いている一方で、中国が米ドルの立場を脅かしている。このような状況では、ゴールドのような特性を持つビットコインが『価値の保存手段』として魅力的に見えるようになってきた。」

ビットコインを評価している一方で、依然として規制のリスクは解消されていないとの見解も示した。「ビットコインの需要が高まりその地位が高まるほど、既存金融を脅かす存在になるため、その状況を各国政府は黙って見ていないだろう。」と発言している。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Hedge Fund Billionaire Ray Dalio: ‘I Have Some Bitcoin’

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec