オンライン学習サービス「PoL」、分散型金融プロジェクト「MarkerDAO」と協業しカリキュラム提供へ

ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL」を運営している株式会社techtecは9月19日、ステーブルコイン「Dai」の発行・管理を行う分散型金融プロジェクト「MarkerDAO」と協業し、金融業界におけるブロックチェーン活用事例カリキュラムを制作することを発表した。

同社が運営しているPoLは、仮想通貨やブロックチェーンについて学習するオンラインサービスだ。PoLでは、技術に関する基礎知識から税務まで、仮想通貨・ブロックチェーンにまつわるトピックを体系的に学ぶことができる。学習の過程でPoLトークンと呼ばれるトークンを獲得する仕組みが整えられるなど、新しい学習スタイルの提供を目指している。

同社がこのほど協業をするMarkerDAOは、イーサリアムブロックチェーン初の分散型ステーブルコイン「Dai」を提供している。同プロジェクトは米国を代表するベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzからも投資を受けている、今注目を集めるブロックチェーンを活用した「DeFi(分散型金融)」だ。

今回提供されるカリキュラムでは、DaiやMarkerDAOのプロジェクトに関する知識はもちろん、ステーブルコインの必要性、価格を安定させる仕組みなどを学習できる。カリキュラムの公開は9月末から10月初旬が予定されている。

学習するほど資産が貯まるという新しい形のオンライン学習サービスは、学習を進めたユーザーが正当に評価される仕組みを構築したいとする同社の考えを体現したものだ。トークンエコノミーを実感しながらも、仮想通貨やブロックチェーンの技術、DeFiといった新たなテクノロジーについて学ぶことができる同サービス。これを機にぜひ受講を検討してみてはいかがだろうか。


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。