ピルのオンライン診療プラットフォームを提供するベンチャーが「イークラウド」で資金調達へ

9ヶ月連続成長中!ピル×遠隔診療で女性の健康問題に挑戦する「Next Paradigm」

株式投資型クラウドファンディング(CF)「イークラウド」を提供するイークラウド株式会社は、第6号案件「9ヶ月連続成長中!ピル×遠隔診療で女性の健康課題に挑戦する『NextParadigm』」の事前情報を開示した。7月27日午後7時半より投資申込みの受付を開始する。目標募集額1千万円、上限募集額3千万円。募集予定期間は8月2日まで。

Next Paradigm(ネクストパラダイム)社は女性用避妊薬のオンライン診療プラットフォーム「Anypill(エニピル)」を運営している。エニピルは「全ての女性にピルを」をテーマに「手軽な価格で」「一刻も早く」「安心して」利用できるプラットフォームとして、約4.9兆円の生産性損失と試算される「女性特有の健康問題」の解決のため開発された。

月経期間に腹痛、腰痛といった様々な症状を引き起こす月経困難症は、生殖年齢の女性の約25%以上に認められ 、月経前症候群(PMS)に関しては月経のある女性の約70〜80%に何らかの症状が発生しているというデータもある。日本医療政策機構の試算結果では、月経前症候群(PMS)や月経困難症を含む婦人科系疾患を抱えながら働く女性の年間の医療支出はおよそ1兆4,200億円、生産性損失は4兆9500億円にものぼるとされている。エニピルなら、低用量ピルを業界最安値クラスで安く、早く、安心して使える。

日本医療政策機構の試算結果では、月経前症候群(PMS)や月経困難症を含む婦人科系疾患を抱えながら働く女性の年間の医療支出はおよそ1兆4,200億円、生産性損失は4兆9500億円にものぼる

また、ピルの効果として近年は生理痛改善、貧血予防、生理前の不調改善、生理日移動など、女性のQOL改善薬としても注目されている。

エニピルでは、省力化・省人化によって業界最安値クラスの料金、365日、朝10時から夜12時時まで直ちに医師による診療を行うことが可能で、急な要望にも応えられる体制を構築している。LINEによる窓口を設けることで、利用前の不安や利用中の困りごとを相談できるなど、ユーザーが安心して利用できる環境を整備している。

イークラウド社は、インターネットを通じて非上場のベンチャー企業に投資を行える株式投資型CFを提供。今年6月6日に募集を実施した第5号案件は、開始約1.5時間後に申込金額が目標募集額の1000万円に到達、約29時間後には上限募集額の2500万円に到達し、イークラウド内で最短の達成となった。20年8月のサービスのローンチ以降、すべての案件で連続達成している。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」
【関連記事】イークラウドの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」