マネックス子会社、仮想通貨やブロックチェーンに特化した情報データベース「LOOKBLOCK」のベータ版提供へ

マネックスグループ傘下のマネックスクリプトバンクは8月6日、仮想通貨やブロックチェーンに特化した情報データベースサービスである「LOOKBLOCK」ベータ版の事前登録を開始した。会員登録した法人ユーザーは、最大3か月間無料でサービスが利用できる。

LOOKBLOCKは仮想通貨やブロックチェーンに関わる企業やそのプロダクト、トークン、日次のニュース等が網羅的に収録されたデータベースサービスだ。同サービスは、仮想通貨やブロックチェーン業界に従事しているもしくはこれから従事する予定のある法人が、情報収集であったり社内向けの資料作成、提携や出資の検討を行う際に活用することを想定して開発された。

仮想通貨とブロックチェーン業界はまだ新しく、既存産業のように文献や情報媒体が充実していない現状がある。そのため、マネックスクリプトバンクは業界の変動や今後の動向を網羅的かつ継続的に分析できるよう今回のサービスローンチに至ったという。

LOOKBLOCKでは、①トークンの格付けチェック、②国内動向の分析、③出資先、業務提携先のリスティング、④時事情報の深掘り、などの情報が網羅されている。調査方法は、公開情報と同社レポートの収録企業から入手した情報を元に構築されている。

今まで、ブロックチェーンを実際に導入したり、ブロックチェーン業界に参入するためにはインターネット上に存在する膨大な情報から自身で正しい情報を精査する必要があった。しかし、こうした精査には専門性が必要で、ビジネスを実際に始めるまでにタイムラグが発生する状況が慢性化していた。LOOKBLOCKはこうした課題を解決する可能性を秘めたサービスだ。引き続き注目していきたい。


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。