マスターカードが世界初の実用化CBDCに対応したプリペイドカードを発行

クレジットカード決済大手のマスターカードが、バハマで発行されている中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対応したプリペイドカードを提供することを2月17日に発表した。

マスターカードの発表によると、2020年10月に発行を開始したバハマのCBDC「デジタルサンドドル」は、世界で初めて実用化されたCBDCになるという。プリペイドカードにデジタルサンドドルをチャージしておくことで、世界中のマスターカード対応店舗で使用することができると説明した。

デジタルサンドドルは、現金としてのサンドドルと同じ価格で発行および流通されるとしている。マスターカードは、デジタル通貨は政府支出を促進させるだけでなく支払いの選択肢を増やし、より包括的な経済を構築するために使用することができると言及した。

現在バハマには、700の小さな島々と5,000平方マイル以上の海域が存在している。このような状況では、現金の移動にコストがかかるためデジタル通貨が重宝されるのだという。将来的には、バハマの観光客にもデジタルサンドドルが提供されるようになる予定だ。

今回の取り組みは、バハマ現地の決済スタートアップIsland Payとの提携により実現した。Island Payの提供するウォレットをプリペイドカードに統合することで、使用履歴や残高をスマートフォンでいつでも確認することができるという。バハマの中央銀行で総裁を務めるJohn Rolle氏は、今回の発表に際して次のようにコメントした。

「今回の取り組みは、デジタル通貨の利用と外国通貨やその他の決済手段を組み合わせた画期的なものです。我々中央銀行としても、サンドドルのインフラに結びつくFinTechの開発を奨励すると共に、この分野に対する規制の世界的なベストプラクティスを実現していきます。」

マスターカードは、暗号資産決済に対応する計画を2月10日に発表したばかりだ。ビットコインの価格高騰に伴い、クレジットカードを使って暗号資産を購入するユーザーが増加しているという。

公式ブログでの発表ではCBDCについても言及しており、既に世界中の中央銀行と取り組みを行なっていることを明らかにしていた。今回のデジタルサンドドルへの対応は、そのうちの1つだと言えるだろう。

なお将来的には、Google PayやSamsung Payともプリペイドカードを統合する予定だという。

【参照記事】Mastercard and Island Pay Launch World’s First Central Bank Digital Currency-Linked Card

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec