今注目を集めるIEOとは?その特徴とICOとの違いについて

バンク・オブ・アメリカの投資銀行部門メリルリンチとリーマン・ブラザーズでのアナリスト経験を持つジェフ・ドーマン氏(以下、ドーマン氏)は5月24日、「米国ではIEOが明らかに有価証券に該当するにも関わらず、SECによって認可されていない取引所がブローカーやディーラーを行なっている」と発言した。Ethereum World Newsが報じている。

IEO(Initial Exchange Offering:イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)では、トークンを特定の取引所に委託して資金を調達する。IEOはICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)とは異なり、発行者が存在することからICOに変わる資金調達手段として注目を集めており、BinanceやHuobiなどの海外取引所では自社トークンを積極的に開発している。IEOの参加者は、購入したいIEOトークンを販売する取引所に口座を開設さえすれば、トークンを購入することができる。IEOトークンは取引所への上場が決定しているため、取引所への上場を目指すICOトークンよりもリスクが低いことが特徴だ。

Ethereum World Newsによると、IEO市場では2019年3月から4月にかけて推定1億7,500万ドル以上の純利益が上がったという。世界最大級の仮想通貨取引所でIEOの先駆者としても知られるBinanceは「BitTorrent」のIEOによって720万ドルの売り上げを出しており、IEOが注目を集めたことでBinanceが発行する取引所トークンも急成長を遂げている。

IEOがICOに変わる資金調達手段として注目を集める一方、ドーマン氏はIEOのリスクも指摘している。同氏によると、IEO参加者はIEOのリスクと仕組みを理解せず、価格上昇から取り残されることを理由にIEOを購入している可能性もあるという。ICOにおいても、プロジェクトについて正しく理解しないまま、資金を投じる投資家が多いことが指摘されていた。ICOよりも投資リスクが低いとされているIEOだが、どんな投資においてもリスクはゼロではない。仮想通貨にはいまだに国際的なルールが定められていないため、投資家は自分が投資するプロジェクトがどのような目的で何を実現するのかを見定め、自己の責任で資金を投じることが求められている。

【参照記事】Analyst: IEO Tokens are Unregulated Securities


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。