経産省「SDGs経営ガイド」を公表、SDGs経営によるESG投資の呼び込みを促進

経済産業省は5月31日、「SDGs経営ガイド」を発表した。世界の先進国でメガトレンドとなっているSDGs(持続可能な開発目標)について、同省は昨年11月に「SDGs経営/ESG投資研究会」を立ち上げ、6回にわたり議論。大企業・ベンチャー企業の経営者、機関投資家、アカデミア、国際機関から出された意見を整理し、企業が本業を通じてSDGsに取り組むSDGs経営のエッセンス、そして投資家がこれを評価する視座などをまとめている。さらに、日本企業のSDGs経営の優れた取り組みを世界にPRすることで、海外から日本企業への投資を促すことを狙う。

ガイドは2部構成で、Part1では「SDGs 価値の源泉」としてSDGsに関する現状認識を多様な観点から示した上で、Part2「SDG 経営の実践」で企業が「SDGs経営」を実践する際に有用な視点を整理した。Part1のIIは「投資家にとってのSDGs―SDGs経営とESG投資」のタイトルで、投資家を取り巻く環境変化、長期的な企業価値の評価とSDGs、SDGs経営を行う企業のパフォーマンスについて言及している。

環境変化については、「持続可能性に対する人々の意識が高まる中、各国の規制や顧客の選好の変化がESG投資という形で機関投資家の投資判断に影響を与えている」と提起。ポイントとして「最近では機関投資家もSDGsやESGに関する感度を上げている。特に欧州の機関投資家の要請で、ファンダメンタルの運用の中にESGをインテグレート(統合)している。気候や人権などについては、投資家も対応する動きがあり、今後も進む」「欧州投資家はESGの意識が高い。既存の運用にESGを取り込まなければ、契約が取れない、選考で落とされるというのが欧州、特に北欧・ユーロ圏の流れ」といった海外のトレンドを挙げる。

さらに、長期的な企業価値の評価とSDGsという視点に立ち「投資家が知りたいのは、企業の過去ではなく、未来における価値。投資先の企業が語るビジョンは、社会の未来像と合致するものなのか。それを測る物差しがESGでありSDGs」と定義。「企業にはESGに関するリスク対応やストラテジーを作ってもらい、それを投資家が評価することが、必然的に企業の長期的な企業価値を評価することになる」という指摘を紹介している。

ESG投資の運用額は2017年時点で2500兆円規模とされ、政府や経団連も推進を施策の柱に据え、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)も「ESG投資と投資先企業のSDGsへの取り組みは表裏の関係にある」とESG投資に注力している。一方で、SDGsの取り組みは企業がそれぞれに模索しており、中小企業には十分に浸透していない。識者の意見や先進企業の事例を要約した同ガイドは、国や経済界の現状を知るうえで参照すべき資料といえる。

【参照リリース】経済産業省「「SDGs経営ガイド」を取りまとめました
【レポート】経済産業省「SDGs経営ガイド

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」