GPIF、2018年度の運用実績2兆3795億円のプラス。株安から持ち直す

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7月5日発表した2018年度の運用実績は2兆3795億円のプラス運用となり、3月末の資産額は159兆2154億円に増えた。18年暮れにかけての世界的な株安で10月―12月は14兆8039億円のマイナス運用に転じたが、年明けに米国株価を中心に値を戻し、期末までに回復した。19年1-3月の運用収益額は9兆1463億円の黒字を確保した。

年度の運用実績でプラス運用は3年連続となる。自主運用を開始した2001年度以降の累積収益額は65兆8208億円に積み上がり、運用資産額は過去最大となった。GPIFの運用は長期投資・分散投資を原則としており、19年3月末時点で資産の構成比は国内債券26.3%、短期資産7.67%、国内株式23.55%、外国債券16.95%、外国株式25.53%と、資産の過半数を国内外の株式が占める。現状の運用は順調に見えるが、株式投資のウエートが高まればボラティリティー(価格変動率)のリスクも大きくなる。GPIFも「米中の貿易摩擦などで一時、世界的な株価下落があり、「安全性を考えると直ちに投資できる局面が少なかった」(高橋則広理事長)との認識を持つ。

目下はESG(環境・社会・ガバナンス)投資に注力している。企業の持続的な成長や安定性を促進し、株価の上昇や安定した配当などの長期的なプラス効果を見込む。GPIFは「ユニバーサル・オーナー(広範な資産を持つ資金規模の大きい投資家)」かつ「超長期投資家(100年を視野に入れた年金制度の一端を担う)」を基本的な考え方として、17年からESG投資を本格的に開始。投資にあたってはESGの取り組みに基づいた投資を行うため「ESG指数」を採用している。

また、運用受託機関に対しては「建設的な対話」を促し、「最終的に『長期的なリターンの向上』というインベストメント・チェーンにおけるウィン-ウィン環境の構築を目指すことによりスチュワードシップ責任を果たしていく」方針。企業のESG課題に対する対応や情報開示を促進する活動の一環として17年度から「ESG活動報告」を公表。今夏公表予定の18年度版は気候変動関連の情報開示を強化している。

【参考記事】GPIF「「2018(平成30)年度業務概況書(PDF)」

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」