PoSへの移行はどのように行われるのか。HashHub、イーサリアム2.0の解説レポートが無料公開へ

株式会社HashHubは11月16日、イーサリアム2.0の解説レポートを公開した。同レポートは、7月に子会社d10n Labの会員制のブロックチェーンレポートサービスで配信されたものだ。

イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムは現在、PoW(Proof of Work:プルーフ・オブ・ワーク)で行われているが、今後PoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)に移行をする予定だ。このPoSへの移行はイーサリアム2.0と呼ばれる。

PoWではブロック生成者の決定を毎ブロックごとに計算能力を用いて行うが、PoSでは保有するトークンの量に基づいて決定される。これにより、毎回のブロック生成に膨大な計算処理が不要となり、ブロック生成プロセスが早くなることやエネルギー資源の消費を抑えられるなどの特徴がある。

このほど公開されたレポートは同社サービスの会員様に配信していたものを、より多くのユーザー、企業にイーサリアムの動向が伝える目的で一般公開に至ったという。

イーサリアムはビットコインに次ぐ規模のパブリックブロックチェーンで、関連する開発者コミュニティも最も大きいブロックチェーンの一つだ。同ブロックチェーン上ではスマートコントラクトを活用したアプリケーションとして、分散型金融やアイデンティなどのサービスが既に利用されている。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照URL】Ethereum2.0 コンプリートガイド(2019年7月版) EthereumのPoSへの移行はどのように行われるか

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」