日本発パブリックブロックチェーン「Tapyrus」がオープンソースで提供開始へ

株式会社Chaintopeは11月14日、独自に研究開発を進めてきたブロックチェーン「Tapyrus(タピルス)」をオープンソースで提供開始した。

Tapyrusは、誰でもネットワークに参加できるパブリックチェーンで、これまでのパブリックチェーンで実現が困難であったガバナンス問題を解決したプラットフォームだ。プラットフォームはあらかじめ選定された複数の調整役によって運用されるため、機能変更・追加の意思決定をスムーズかつ負荷コストを最小限にして行える。また、ネットワークを支える不特定多数の参加者がデータの正当性を検証するため、特定の調整役の意思によるデータ書き換え等の不正が防止されるという。

Tapyrusブロックチェーンは、技術者が自由に実装・拡張できるようオープンソースで提供される。また、業界毎に異なるニーズに応えるため、今後ChaintopeではTapyrus上に各種拡張機能を追加予定だ。同社は、技術者向けのコミュニティ醸成に加え、これまで注力をしてきたサプライチェーンやトレーサビリティ等の領域において、Tapyrus上に構築したプラットフォームを近日公開することを明らかにしている。

Chaintopeは、「ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する」ことをミッションとして掲げるブロックチェーンテクノロジーカンパニー。ブロックチェーンのコアテクノロジー開発(研究開発メイン)に強みを持ち、実証実験やシステム開発などの案件受注の他、独自のプロトコルレイヤーソリューションを開発している。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」