イーサリアムは大型アップデート「セレニティ」で1,000倍の処理速度へ

分散型アプリケーションDappsのプラットフォーム「イーサリアム」の開発者であるジョセフ・ルービン氏は5月11日、イーサリアムブロックチェーンは大型アップデート「セレニティ(Serenity)」によって約1,000倍のスケーラビリティを持つようになると発言した。また、同氏はコインテレグラフ日本版のインタビューに対し、セレニティの実施が18〜24か月以内に予定されていることも表明したという。

イーサリアムは、コンセンサスアルゴリズムをProof of Work(PoW:プルーフ・オブ・ワーク)からProof of Steak(PoS:プルーフ・オブ・ステーク)へ移行するため、段階的にアップデートを実行している。セレニティはこのアップデートにおける最終アップデートの名称だ。イーサアリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏は、PoWが必要とする膨大な電気がもたらす環境への影響を懸念し、早期からPoSへの移行を提唱していた。

コインテレグラフ日本版によると、ルービン氏は「イーサリアムの次期アップグレードに関する開発は、4つのフェーズに分けられており、既に8つのグループが新バージョンの開発に取り組んでいる」としている。また、年末までに新バージョンであるイーサリアムの試験運用が開始されることも明らかとなった。

セレニティの実装の目玉はPoSだけではない。ルービン氏によると、古いブロックチェーンから新しいブロックチェーンにイーサリアム上のトークンを移動できる他、双方向にシームレスな移動も可能だという。また、「プライベートトランザクション」と呼ばれる新たな機能も搭載される。

【参照記事】ジョセフ・ルービン氏、仮想通貨イーサリアム2.0「2年以内にスケーラビリティ1000倍に」

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。