double jump.tokyoがRaribleとの提携を発表、スクウェア・エニックスとの協業も

人気ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」などを運営するdouble jump.tokyoが、大手NFTマーケットプレイスRaribleとのパートナーシップを3月15日に発表した。同社は、3月17日にエンターテイメント業界大手スクウェア・エニックスとの協業も発表している。

double jump.tokyoは、ブロックチェーンゲームの国内リーディングカンパニーとしてマイクリプトヒーローズだけでなく、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラムMCH+などを提供している企業だ。

今回のRaribleとのパートナーシップにより、MCH+で支援するタイトルが発行するNFTをRaribleで取り扱うことができるようになるという。

Raribleは、昨今話題のNFTを売買するためのマーケットプレイス大手の海外企業だ。今回のパートナーシップにより、MCH+で支援するタイトル向けにガバナンストークンRARIの配布が行われるという。

double jump.tokyoは、国内最大手エンタメ企業であるスクウェア・エニックスとの協業も発表した。協業内容はNFTコンテンツの開発になるといい、スクウェア・エニックスで提供しているタイトルを通してNFTを発行するための開発サポートを請け負うとしている。

スクウェア・エニックスは、NFTに紐づけられたデジタルシールを「ミリオンアーサー」シリーズで展開する予定だと説明した。スクウェア・エニックスは、今回の協業に関して次のようにコメントしている。

「仮想通貨を支える技術として注目されてきたブロックチェーン技術は、デジタルエンタテイメントコンテンツに対して通貨以外の価値を持たせることができる技術として注目し、調査、企画の検討を進めてきました。今回、当社のIPを活用したNFTデジタルアセットの開発に着手することができ、デジタルアセットの新しい価値の創造と未来に貢献できればと考えております。」

【参照記事】スクウェア・エニックス初 ブロックチェーン技術を活用したNFTデジタルシールを2021年夏発売 「ミリオンアーサーシリーズ」で展開予定 | SQUARE ENIX

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec