イーサリアムが大型アップデート「Berlin(ベルリン)」を実装完了

イーサリアムが予定していた大型アップデート「Berlin(ベルリン)」をブロックナンバー12,244,000(4月15日)のタイミングで実装した。ガス代の調整やネットワークの使用効率の改善などが行われている。

Berlinでは、主に5つのEIPと各コードがクライアントに統合されているかどうかを示すチェックリストで構成されていた。

  • EIP-2565:ModExp Gas Cost(プリコンパイルにおけるガス代の定義)
  • EIP-2315:Simple Subroutines for the EVM(EVMのシンプルサブルーチン)
  • EIP-2929:Gas cost increases for state access opcodes(State Accessオペコードにおけるガス代の増加)
  • EIP-2718:Typed Transaction Envelope(将来的な新しいトランザクションタイプを定義)
  • EIP-2930:Optional access lists(オプションのアクセスリスト)

このうち、EIP-2315に関しては実装されず、最終的には4つのEIPが反映される形となった。

イーサリアムには、ローンチ当初よりいくつかの大型アップデートが予定されており、ネイティブトークンEtherの分裂を伴わないハードフォークが継続的に行われている。今回のBerlinに続くのは、7月頃を予定しているLondonだ。

Londonでは、注目のEIP-1559が実装される予定となっており、イーサリアムにおける1つの重要なマイルストーンとなっている。

なおBerlinの実装後、一部のノードがネットワークに同期できない不具合が発生した。クライアントソフトの1つであるOpenEthereumを使用するノードを中心に、大手分析サイトEtherscanなどで不具合が生じていたと報告されている。

イーサリアムのような分散型ネットワークにとって、クライアントソフトは非常に重要な役割を持つ。ノードとしてネットワークに参加する際になどに使用されるため、クライアントソフトの正常稼働なくして安全なネットワーク環境は成立しない。

Berlinは元々2020年7月の実装を予定していたが、アップデートが特定のクライアントソフトに依存していたため、分散性を担保すべくマルチクライアントが整備されるまで待つ意思決定が行われていた。

今回の不具合も、OpenEthereumの正常稼働を待ってから、各取引所が入出金を再開するなどしている。なお、不具合は既に解消済みだ。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Berlin Hard Fork Goes Live, Promises to Reduce Sky-High Ethereum Gas Costs

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec