米大手銀行バンク・オブ・アメリカ、DLTによる決済システムの特許申請でリップルを引用

アメリカの最大手銀行バンク・オブ・アメリカ(BoA)が、リップルを引用した決済システムを特許出願していたことが明らかになった。7月22日、米コインテレグラフが伝えている。

コインテレグラフによると、BoAは金融機関同士の送金を迅速に行うシステムの特許出願にあたり、リップルの分散型台帳を引用していることが明らかになった。6月に出願されたこの特許は、DLTを銀行間取引のコミュニケーションツールとして起用するものだという。支払い主と受け取り手を検証するだけでなく、銀行間のコミュニケーションとしても利用されるこの分散ネットワークを説明するにあたり、BoAはリップルについて言及していることが報じられた。

【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Bank of America Files Patent for Settlement System Citing ‘Ripple’

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」