【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】スキャルピングのポイントとは

今回は、仮想通貨のスキャルピングトレードについて、大手暗号資産取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では暗号資産コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. スキャルピングとは
  2. スキャルピングトレーダーが仮想通貨トレードで勝つには
  3. スキャルピングで利用する戦略とは
  4. スキャルピングに向いているトレーダーとは
  5. スキャルピングはあくまで上級者向けのトレード手法

仮想通貨(暗号資産)をトレードをする場合、トレーダーの性格によって様々な取引のスタイルがあります。例えば、一日に何度もトレードを行い、細かく利益を積み上げたいトレーダーは「スキャルピング」という手法でトレードを行う場合があります。今回は、仮想通貨取引でスキャルピングをする場合のポイントを解説していきます。

①スキャルピングとは

トレード手法の一つであるスキャルピングは、比較的小さな値幅で繰り返し利益を獲得していくことを狙いとしています。比較的短い時間足で取引をしていくため、ファンダメンタルズより、テクニカル分析を活用してトレードの戦略を練っていく傾向にあります。

ただし、ファンダメンタルズがスキャルピングに役立つ場合もあります。例えば、ある仮想通貨の銘柄に関してポジティブなニュースが発表された場合、その銘柄に注目が集まります。その結果として特定の銘柄をトレードする人数が増え、ボラティリティが高まればスキャルピングに適した状況になることもあります。

②スキャルピングトレーダーが仮想通貨トレードで勝つには

それでは、スキャルピングトレーダーが考慮すると良いテクニカル要素にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものには以下のものが挙げられます。

  • トレーディングボリューム(流動性)
  • プライスアクション
  • サポートライン
  • レジスタンスライン
  • ローソク足のパターン分析

また、スキャルピングに有用な代表的なテクニカル指標としては、以下のものが挙げられます。

  • 移動平均線
  • RSI指標
  • ボリンジャーバンド
  • VWAP
  • フィボナッチリトレースメント

さらに取引板の分析、ボリュームプロファイル、未決済建玉などの高度な分析を行うトレーダーも存在します。これらを単体で使うわけではなく組み合わせながら、自分のトレードスタイルにあった物を選ぶことが重要になります。

スキャルピングを効率よく行うには仮想通貨のボラティリティを味方に付ける必要があります。スキャルピングでは短い時間足、具体的には日足よりも短い時間軸のチャートでトレードしていきます。

しかし、一方でスキャルピングをする上ではより長い時間の枠組みでのインジケーターを利用する事が必要になります。長時間の枠組みのインジケーターの方が確実性が高いため、より長い時間足で重要な指標を割り出した上で短時間の枠組みへ焦点を当てることでより安定した戦略を練る傾向があります。

③スキャルピングで利用する戦略とは

裁量かシステムトレードか

トレードは「裁量取引」「システム取引」に分けることができます。裁量取引で取引を重ねる人は、ポジションを持つという決断をするための一定のルールがあったりなかったりします。

どちらかというと市場が動いていくのを見て、その場でエントリーや決済を決定します。裁量トレーダーはインジケーターなどの要素を根拠にする場合もありますが、いずれにしても取引のルールがさほど固定されていない場合は本人の気持ちや勘が取引を左右します。そのため、裁量取引を行う場合は自分自身を心理的にコントロールする必要もあります。

一方、システム取引においてトレーダーは事前に絶対的なルールを設定してトレードします。エントリーも利益確定なども、一定の条件が満たされた時点で確定します。裁量取引と比較すると過去のデータを根拠として自身のトレーディングロジックをプログラミングに落とし、自動的にトレードが行われていきます。エントリーや利益確定、損切りなどを自動化してシステムトレードすることもできます。

レンジを意識する

他には、レンジを意識してトレードするという手法もあります。チャートの中には常にトレンド相場かレンジ相場が存在します。相場はレンジ相場が7割、トレンド相場が3割と言われています。

レンジ相場が出来ているときにはレンジの上値が抵抗線、下値が支持線として働くと考えることが出来ます。このレンジ相場の上下に逆指値注文やストップロスを置いておくことでレンジブレイクが起きたときに備えることができます。

特に、ボラティリティの高い仮想通貨はどのタイミングで大きな値動きが起きるか読み取りにくいという性質があるので、この手法が役に立ちます。

レバレッジ取引

また、スキャルピングで利益を狙うためにはレバレッジを利用することが有効です。毎回のポジションで得られる利益率が少ないため、レバレッジを利用して利益を増幅させることが目的になっています。

そのため、現物取引でスキャルピングするよりも仮想通貨FXや仮想通貨先物などでスキャルピングをするのが一般的と言えるでしょう。

ただし、レバレッジを利用することでより小さな値幅で大きな利益を得ることが出来るのと同時にリスクも高くなるので注意は必要です。

④スキャルピングに向いているトレーダーとは

スキャルピングをするべきかどうかは個々人の性格やトレードスタイルによって決まります。それでは具体的にどのような人がスキャルピングに向いているのでしょうか。

トレーダーの中には自分が相場を確認できない時間、例えば睡眠中は不安なのでポジションを持ちたくないという方がいます。そのような方は寝る前に未決済の建玉を全て決済してから次の日にまたトレードを開始するというスタイルで取引をします。この場合は個人の性格上、日をまたいでトレードすることが出来ないため、短い時間軸の枠組みを活かした戦略を立てる必要があります。

逆に、ポジションを持つ際には時間を様々な要素を十分に考えてから決断を下す人は日をまたぐ事を不安に思わない可能性があります。未決済のポジションを数か月保有しても構わないという人や、数時間ごとにチャートをチェックすることが難しい人、またはある程度の含み損にも耐えられる人というのが該当します。

もちろん自分に合ったスタイルを決めてしまう前に、様々なトレードスタイルを試して見る事も出来ます。またはビットコインは長期保有するものの、ビットコインキャッシュでは短期的な売買をするというように銘柄ごとにトレード方法を調整する事も可能です。自分の生活スタイルや性格に合った方を選びましょう。

⑤スキャルピングはあくまで上級者向けのトレード手法

スキャルピングでは小さな利益を何度も重ねていくことを目的としているため、簡単そうだと思っていた方もいるかもしれません。しかし、実際は短いスパンで市場の動向に合わせた戦略を常に考える必要があります。初心者の場合は一日に何度もポジション調整をするよりも、長期的な目線で取引をした方が良いかもしれません。

また、どのようなトレード手法を選ぶにしても損切りラインを定めて損失を限定することや、保有するロット数を計算しながら選択するなどのリスクマネジメントが重要です。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12