GMOコインの取引所(現物取引)で取扱いがスタートしたOMG(オーエムジー)について解説

今回は、仮想通貨OMG(オーエムジー)について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. GMOコインとは?
    1-1.GMOコインの概要
    1-2.GMOコインの特徴
  2. OMG(オーエムジー)とは?
    2-1.OMG(オーエムジー)の概要
    2-2.OMG(オーエムジー)のスタッツ
    2-3.OMG(オーエムジー)の特徴
    2-4.OMG(オーエムジー)の将来性
  3. まとめ

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは、22年6月に取引所(現物取引)で「オーエムジー(OMG)」の取り扱いをスタートしました。GMOコインは20年7月に販売所サービスでOMGの取り扱いを開始していましたが、今後は取引所に対応することで、ユーザーの選択肢が広がっています。

そこで今回は、GMOコインの取引所(現物取引)に新たに上場したOMGについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

①GMOコインとは?

1-1.GMOコインの概要

GMOコイン
GMOコインとは16年10月に設立された国内の仮想通貨取引所で、金融庁から「暗号資産交換業者」としてライセンスを取得しています。GMOコインは「GMOクリック証券」など金融分野のサービスを展開している「GMOインターネットグループ」が運営を行っています。金融サービスのノウハウや堅牢なセキュリティ、管理体制で運用されており、GMOコインの口座数は46万件を越えています(21年11月末時点)。

1-2.GMOコインの特徴

①手数料が無料

GMOコインでは、日本円の出金や口座開設、即時入金や仮想通貨の預入および送付といった各種手続きにかかる手数料が全て無料となっているため、ユーザーは比較的お得に取引を行うことができます。

②投資スタイルが豊富

GMOコインでは元手の何倍もの金額で取引が可能な「レバレッジ取引」や、取引所に対して仮想通貨を一定期間貸し出すことによって、その貸出期間および数量に応じた貸借料を受け取ることができる「​​貸暗号資産」サービスも展開しており、さまざまな投資戦略を行うことが可能です。

③取扱銘柄数が豊富

GMOコインでは、ビットコイン(BTC)をはじめとする人気の高い銘柄を取り扱っています。国内仮想通貨取引所としては最多であり、様々なプロジェクトに投資することができます。

販売所の取扱銘柄

19種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、ダイ、ドージコイン

取引所(現物)の取扱銘柄

21種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、モナコイン、ネム、クアンタム、オーエムジー、チェーンリンク、ポルカドット、エンジンコイン、シンボル、テゾス、コスモス、エイダ/カルダノ、メイカー、DAI、FCRコイン

取引所(FX)の取扱銘柄

5銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ

暗号資産FXの取扱銘柄

10銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、ステラルーメン、ネム、オーエムジー、テゾス

④セキュリティが徹底している

GMOコインでは、ユーザーから預託された資産を全て分別管理しているほか、オフライン環境で資産を保管する「コールドウォレット」を採用しているなど、そのセキュリティ体制も徹底されています。

⑤取引ツールが充実している

スマートフォン向けの「暗号資産ウォレット」アプリでは、自身のニーズに合わせて、比較的シンプルで分かりやすい「ノーマルモード」および高機能チャートといった上級者向けの機能を備えた「トレーダーモード」の切り替えが可能になっています。また、PCブラウザ向けの高機能ツールである「WebTrader」は特にレバレッジ取引に強く、取引上級者のユーザーからも多くの支持を獲得しています。

②OMG(オーエムジー)とは?

2-1.OMG(オーエムジー)の概要と沿革

OMG

OMG(オーエムジー)とは、イーサリアムブロックチェーンをベースとして開発された「OMG Network」上で使用される仮想通貨のことを指します。

OMGは元々、17年に「OmiseGo」として開発および運営が開始されました。20年6月1日に、OmiseGoから「OMG Network」という名称にリブランドが行われた後、21年にはOMG NetworkからBOBA Networkにサービスを移行しています。

BOBA Networkは、イーサリアム(ETH)およびイーサリアム上で発行されたトークン(ERC-20規格)を送付するためのネットワークです。高速で安価、そして安全でオープンな金融サービスの提供を実現することを目的としています。

2-2.OMG(オーエムジー)のスタッツ

OMGの仮想通貨としての基本スペックは以下の通りです。

  • ティッカーシンボル・・・「OMG」
  • 現在の価格(22年6月14日現在)・・・1.89ドル(約255.3円)
  • 時価総額・・・約2.6億ドル(約358億円)
  • 時価総額ランキング・・・100位
  • 循環サプライ・・・約1.4億OMG
  • 発行上限・・・約1.4億OMG

2-3.OMG(オーエムジー)の特徴

①サービスをBOBA Networkに移行済み

OMG Networkは21年に、そのサービスをBOBA Networkへと移行しています。

BOBA Networkとは、イーサリアムにおけるスケーラビリティ問題を解消することを目的とする「レイヤー2ソリューション」の提供を行っているプロジェクトで、OMG Networkの開発チーム「Enya」によって開発されました。

BOBA Networkはイーサリアムと比べてもかなりのスピードでトランザクションを処理することが可能なほか、手数料も非常に安くなっているなど機能性がかなり高く、そのユースケースをどんどん拡大しています。

②BOBAトークンのエアドロップ

BOBA
OMGは21年10月に、OMGの保有数に対して1OMG = 1BOBAという割合で、BOBA Network上で使用されている「BOBA」をエアドロップすることを発表し、国内の各取引所において、条件を満たしたユーザーに対してBOBAトークンが付与されました。現在のところ、BOBAはbitbank(ビットバンク)で取引可能となっています。

2-4.OMG(オーエムジー)の将来性

前述の通り、OMG Networkは21年にBOBA Networkへとサービスの移行を行っているため、現在OMGは具体的な使用用途が存在せず、資産としての保有が中心となっています。

OMGホルダーに対するBOBAのエアドロップのように、今後もBOBAと関連したキャンペーンなどが開催されることも予想されるため、BOBAのプロジェクトの動向に注目して取引を行うことが重要になってくると考えられます。

③まとめ

OMGは元々、世界中の人々が平等に金融サービスを享受できる環境を実現するためにスタートしたプロジェクトで、さまざまな国や地域でオンライン決済サービスを展開していました。

そして22年現在、そのサービスをBOBA Networkに移行しているため、今後はBOBA Network上で利用されている独自トークンBOBAの影響を大きく受けることが予想されます。

BOBAはより機能性が高いネットワークとして今後さらにその規模を拡大していくと見られており、OMGを保有することでのインカムゲインも期待できるため、興味のある方はGMOコインで口座を開設し、OMGに取引を行ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12