【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】ビットコインのプレミアム指標のトレードへの活かし方

今回は、ビットコインのプレミアム指標について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. ビットコインのプレミアム指標
  2. プレミアム指標の情報入手
  3. Coinbaseプレミアム
  4. Coinbaseプレミアムをトレードに活かす
  5. まとめ

仮想通貨(暗号資産)や株、FXなどのトレーディングをするにあたって、チャートに基づいたテクニカル分析は一般的です。しかし、ビットコインの場合は、ブロックチェーン上の情報を活用する「オンチェーン分析」や取引所毎の価格差を利用したアービトラージといった、仮想通貨市場ならではの情報源があります。

今回は海外の取引所とのビットコインの価格差「プレミアム」について、代表的な「Coinbaseプレミアム」を例にトレード方法を解説します。

①ビットコインのプレミアム指標

金融の世界では、先物と現物の価格差を比べて、先物の方が高い場合を「プレミアム」、先物の方が安い場合を「ディスカウント」と表現します。

しかし、ビットコイン市場のプレミアムとは、取引所間の価格差を表す意味で使用されています。ビットコインのプレミアム指標の代表的なものには、「Coinbaseプレミアム」や「キムチプレミアム(韓国プレミアム)」などがあります。Coinbaseプレミアムは、アメリカとヨーロッパとのビットコインの価格差を示す指標です。キムチプレミアムは、韓国の取引所と他国との価格差を示す指標です。

他にもBTC先物との価格差を示す先物プレミアムなどがあります。どのプレミアム指標もトレードのヒントをつかめるものですが、中でもCoinbaseベースプレミアムが最も傾向をつかみやすく世界中のトレーダーが意識している指標です。

②プレミアム指標の情報入手

プレミアム指標の見方は二通りあります。

①有料サイトのサブスクリプション

一つ目は有料サイトのサブスクリプションです。CryptoQuantの「Coinbase Premium Index(コインベース・プレミアム・インデックス)」で確認することができ、各メディアで最も引用される指標です。

②TradingViewで設定する

二つ目はTradingViewを活用する方法です。無料で使用する事もできるTradingViewを利用して、プレミアム指標に用いられる通貨ペアを比較することで、プレミアム指標のチャートを作成することができます。

Coinbase premium
または上記のように「coinbase-binance Premium」という無料で使用できるインジケーターを入れる方法もあります。

③Coinbaseプレミアム

Coinbaseプレミアムは、具体的にはアメリカの仮想通貨取引所Coinbase Proのビットコイン/米ドル(BTC/USD)と、Binanceのビットコイン/テザー(BTC/USDT)の価格差を示しています。

Coinbaseは2021年4月にアメリカのNASDAQに仮想通貨取引所として初めて上場した、アメリカで最大の仮想通貨取引所です。取引所としてビットコインの保有量は世界最大であり、仮想通貨業界で大きな影響力を持っています。Coinbaseは32カ国にサービスを提供していますが、大半はアメリカ国内のユーザーです。アクティブユーザーは600万人、取引資産の約半分が機関投資家の資産であり、取引量の65%が機関投資家によるものです。Coinbaseの価格は「アメリカ・機関投資家」の需要を反映していると言えます。

Binanceは1日の取引高が3兆円を超える世界最大の仮想通貨取引所です。元々は中国で設立されましたが、2017年の仮想通貨規制で中国から日本に移動し、さらに翌年にはマルタに本社を移し、現在はアフリカのセーシェルとカリブ海のケイマン諸島に本社機能があるとされています。中国人のユーザーが多く、ヨーロッパの顧客も獲得し、現在はアメリカにも支社を持っています。アクティブユーザーは1,000万人で大半が中国と欧州の個人が中心の取引所であるため、Binanceの価格は「ヨーロッパ/中国の個人」の需要を表していると言えます。

つまり、性質の違う2つの市場のビットコイン価格を比較することで、相場の流れを推測することができます。

③Coinbaseプレミアムをトレードに活かす

Coinbaseプレミアムは特に大口の動向をいち早く察知する指標としてトレーダーに活用されています。Coinbaseの大口の注文は機関投資家のOTC取引需要とされ、トレンドを測る指標となります。

つまり、Coinbaseでビットコインの買い圧力が高まると、Coinbaseプレミアムはプラスとなります。実際に以下のようなビットコイン価格の節目でCoinbaseプレミアムが確認されました。

  • ビットコインが2万ドルを突破した頃に+77ドル
  • 3万ドル突破時に+50〜160ドル
  • 4万ドル突破時に+50〜174ドル

これはアメリカの大口顧客の買い注文が増えていると推測でき、短期的にサポートが機能する前兆とされます。

逆にプレミアムが縮小、あるいはネガティブになると売り圧力が高まっていると見なされます。また、プレミアムが大きくなりすぎている時は市場の過熱を示すため、近いうちに急落が発生する確率が高くなっていると見ることもできます。

つまり、Coinbaseプレミアムをビットコインの価格の先行指標としてみなすことができます。

④まとめ

時価総額の低い金融商品を取引する上で大口顧客の動向を掴むことは非常に重要です。なぜなら大口の資金が時価総額に占める比率が大きくなるため価格変動への影響が大きくなるからです。

株やFXなどの成熟したマーケットに比べて情報が少ない仮想通貨取引においてはCoinbaseプレミアムのような指標がトレードに役立ちます。サブスクリプション購入が気が引けるという方でも、国内の仮想通貨取引所で多く導入されているTrading Viewでも参考にできるため、トレードの検討材料に取り入れる事をお勧めします。

取引所に大量に流入したビットコイン、あなたはどう判断しますか?注目を集めるオンチェーン分析を徹底解説


【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12