取引所に大量に流入したビットコイン、あなたはどう判断しますか?注目を集めるオンチェーン分析を徹底解説

今回は、ビットコイン等のオンチェーン分析について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. オンチェーン分析とは?
  2. オンチェーン分析で分かること
    1.アクティブ・アドレス数
    2.流動性 (Liquidity)
    3.トランザクション数
    4.取引所への入金(インフロー)
  3. まとめ

FXや株式などの投資経験者でも、仮想通貨(暗号資産)の「オンチェーン分析」についてご存じない方も多いかと思います。オンチェーン分析とはビットコインを始めとする仮想通貨特有のファンダメンタルズ分析の手法の一つです。今回はオンチェーン分析の概要と方法について解説します。

①オンチェーン分析とは?

オンチェーンとは、ビットコインを代表とする仮想通貨のブロックチェーンの使用状況から市場動向を探る分析手法です。

ブロックチェーンの構造をわかりやすく説明すると、離れた場所に存在する多数の端末で台帳データを共有する仕組みです。どこかでデータの変更や追加があれば他の端末にも反映されます。

例えば、ビットコインの取引記録は全て、ビットコイン・ネットワークの全ノードに保存されています。誰でもBTCエクスプローラーを閲覧することができ、個別アカウントの保有量や、BTCの送金履歴や進行中の未承認取引など、ブロックチェーンに関係するすべての情報を把握できます。データを追跡することで、「ビットコインの大量保有アドレスが最後に送金したのがいつなのか?」という事も分析することができます。

このようなオンチェーンデータ(ブロックチェーン上のデータ)を解析することで、市場参加者の動向を探る手法がオンチェーン分析です。オンチェーン取引の総額を、ビットコインの時価総額と比較して、現在価格の値ごろ感を判断する使い方もあります。

オンチェーン分析というとビットコインに対する分析が主流ですが、パブリックブロックチェーンであればあらゆる仮想通貨に対して同様の分析をすることができます。

②オンチェーン分析で分かること

チャート分析がテクニカル分析と呼ばれるのに対して、オンチェーン分析はファンダメンタルズ分析と呼ばれるものです。オンチェーン分析はファンダメンタルズ分析に有益な分析手法なのでぜひ参考にしてみてください。

誰でもブロックチェーンデータを閲覧できますが、自身でその膨大なデータを解析することは非常に難易度が高いでしょう。そこで分析にあたっては、ドイツのオンチェーン分析サービスGlassnode(https://glassnode.com/)の使用をお勧めします。以下では、Glassnodeで取得可能な代表的なオンチェーン分析指標と考え方について解説します。

1. アクティブ・アドレス数

アクティブ・アドレス数とは特定の期間にビットコインを送金したアドレス数のことです。AA数が上昇している時はビットコインに対する需要が上がっていると考えられます。さらに、AA数を時価総額と比較することで、価格の割高・割安を判断する指標もあります(AAMVD :Active Address Market Value Divergence)。

2. 流動性 (Liquidity)

流動性はビットコインの保有者のうち何割がアクティブに取引を行っているか(いないか)を表します。この指標は長期保有者の心理状態のチェックに使えます。

この分析では基本的に非アクティブなグループが重視されます。彼らはビットコインを長期投資目的で所有しているため、一時的な価格下落でも売ることはありません。非アクティブグループの推移に変化がなければ、例え下落しても市場の売り圧力はいずれ枯渇すると予測できます。非アクティブグループの増加は長期保有者の増加のサインであり、強気指標とみなされます。

3. トランザクション数

トランザクション数は、ブロックチェーン上で行われている取引件数です。デイリートランザクションが増加するとビットコインの利用増(需要増)をあらわすため、価格に対して強気のサインと考えられます。

ただし、トランザクション数は売却の際にも反映されるため、トランザクション数だけを見て盲目的に判断するのは危険です。流動性とトランザクション数の両方を見て、「流動性に変化がない×トランザクション数が増加している=新規需要が増えている」と判断するといった使い方ができます。

4. 取引所への入金(インフロー)

ビットコインの長期保有者の多くは取引所口座ではなく自身のウォレットで保管しています。そのため取引所へBTC流入数が急増する時は危険サインとみなされています。なぜならビットコインを現金化するために、自分のウォレットから取引所にBTCを移していると考えられるからです。

取引所への流入数は売却予備軍とも言えます。上昇傾向の最中でこれが増加すると、多くの保有者が天井圏と考えていることを意味し、弱気のサインと見ることができます。逆に流出量が増加すると、底値圏のサインと解釈できます。

なお、取引所へ流入した仮想通貨は必ずしも売却されるわけではありませんし、即座に売却されるわけではないという点も注意が必要です。

取引所の種類を抑えておくことも重要です。法定通貨を扱う取引所にビットコインの流入が増える時、多くの投資家が換金して仮想通貨市場を去ろうとしていると見ることができます。こうした状況では、税金の支払い、あるいは株式や金など他の金融資産に資金が向かっているのかもしれません。

逆に、ステーブルコインを扱う取引所に流入が増加するとき、投資家がまだ仮想通貨取引に積極的であることを意味します。例えばステーブルコインの発行量が増え、SSR(Stablecoin Supply Ratio)が高まれば、強気再開に備えていると捉えることができます。

③まとめ

オンチェーン分析は取引履歴が残るブロックチェーンならではの分析手法です。データを組み合わせることで、他の金融商品では分かりえない市場参加者のセンチメントを推察することができます。近年、急速に注目度が高まっているので、仮想通貨投資家としては早い段階から要点をおさえておきましょう。

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12