コインチェックのNEM、北米にも流出。ブロックチェーン法医学ファームに発見される

仮想通貨取引所コインチェックのハッキングによって盗難された580億円相当のNEM(XEM)の一部が、発見されたという。ブロックチェーンを活用する法医学ファーム「BIG Blockchain Intelligence Group(以下BIG)」は3月1日、盗まれたXEMはカナダ・バンクーバーの取引所に移されていると発表した。

同社は、独自のテクノロジー検索およびデータ分析ツール群から集められた情報を公式な報告書にまとめ、カナダと米国の法執行機関に送付する予定だ。同社の法医学捜査局長Robert Whitaker氏は次のように述べている。

「BIGの企業義務は、仮想通貨の主流化をもたらし、セクターのセキュリティを強化するような技術とサービスを提供することである。ブロックチェーンを活用し、今回の不正行為の調査に透明性と洞察をもたらすサポートをするのはそのためだ。」

コインチェック事件のような大規模な流出の追跡において、ブロックチェーン技術が大きな役割を果たしたことは間違いない。同時に、追跡ができても実際に犯人を特定するのは困難を極めるという事実が、仮想通貨の匿名性の高さを表している。

BIGが取引所からのハッキング・資金流出対策のひとつとしてブロックチェーンを活用したように、デジタル化する現代におけるテクノロジーのポジティブな活用方法を模索し続ける責任がある。

【参照サイト】COINCHECK’S $534M OF STOLEN NEM FOUND BY BLOCKCHAIN FORENSICS FIRM
【参照サイト】BIG Blockchain Intelligence Group Inc. Traces Proceeds From USD$534-Million Coincheck Hack of XEM COIN Laundered Through Vancouver Based Exchange
【関連ページ】NEMとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。