S&Pグローバル、7,300社のESGスコアを発表。SAMのサステナビリティ・データを基に算出

世界最大の信用格付プロバイダーS&Pグローバルは5月18日、S&PグローバルESGスコアを開発したと発表した。このESGスコアは、グローバル資本市場の95%を占める7,300社以上を対象とし、世界的に知名度の高いSAMの企業サステナビリティ評価データ(CSA)に基づいて算出したものだ。

スコアはXpressfeedと呼ばれるS&Pの投資家コミュニティを通じて入手可能だ。このコミュニティでは、ESGスコアだけでなく、財務データ、Trucostの環境データ、Panjivaのサプライチェーン情報など、200以上ものデータセットが利用できる。Xpressfeedを通じて分析ツールも利用可能で、環境、社会、ガバナンス(ESG)要素だけでなく、企業投資および事業戦略も同時に分析可能になる。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの社長Martina Cheung氏は、「弊社の新しいプロジェクト、S&Pグローバル ESGスコアは、S&Pグローバル社のESGデータとインサイトのリソースとして重要な地位を築くことになる。これまで、全ての産業でXpressfeedが重要な意思決定に活用されてきた。SAMの包括的な評価データに支えられたS&PグローバルESGスコアは、市場参加者のポートフォリオと資本配分をESG評価に従って、最適化する」と述べた。

S&Pグローバルは、ESG指数およびベンチマークのパイオニア的な存在であり、SAMのCSAはダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスを20年以上にわたって向上させた。S&Pグローバルは2020年1月にSAMを買収し、現在SAMのデータは財務・非財務情報の開示とESG調査に活用されており、S&Pグローバル全社の標準となっている。

【参照サイト】S&P Global Launches ESG Scores Based on 20 Years of SAM Corporate Sustainability Assessment Data

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」