SBIホールディングス、キャッシュレス推進に向けマネータップ社を設立

SBIホールディングス株式会社は3月20日、次世代金融インフラを提供するマネータップ株式会社を設立した。マネータップ社は、内外為替一元化コンソーシアムの役割を引き継ぎ、キャッシュレス化の流れを牽引すべく、銀行及び一般利用者向けにサービスを提供していく。

SBIグループが2018年10月、日本で初めて提供を開始した分散台帳技術(DLT)を用いたスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」は、個人間の送金を、安全・リアルタイムかつ快適に行うアプリだ。また、Money Tapでは銀行から銀行口座への24時間365日いつでも直接入金することが可能となる。Money Tapの決済基盤には、SBIグループが主要株主で、世界の200以上の金融機関が参加するブロックチェーンネットワーク「RippleNet」の運営元である米国Ripple社のDLT「xCurrent」を活用し、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う「RCクラウド2.0」を活用している。

マネータップ社は、引き続き米国Ripple社からの全面的な協力を得て新技術の導入等を推進することでイノベーションを加速させていくとしている。今後、内外為替一元化コンソーシアムの参加行に加え、その他の金融機関も株主として経営に参画することが計画されている。マネータップ社は、それら金融機関と協調して、顧客便益性の高い金融サービスを提供するとともに、キャッシュレス化を通じた新たな産業の育成及び社会コストの低減に貢献していく考えだ。

【関連記事】リップル(XRP)初心者ガイド – 最新ニュース・特徴・仕組み
【参照記事】キャッシュレス推進に向け次世代金融インフラを提供する新会社設立に関するお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」