リクルート、匿名仮想通貨Beamへ出資

株式会社リクルート(以下、リクルート)とその子会社である株式会社リクルートストラテジックパートナーズ(以下、RSP)は2月18日、利用者の機密情報に配慮したブロックチェーンを提供するBeam Development Limited(以下、Beam)へ出資を行なった。この出資は、ブロックチェーン関連スタートアップ企業への投資を目的とするファンドRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.を通じて実施された。

今回出資の対象となったBeamは、指定した第三者による取引の監査対応を確保しつつ、不特定の第三者に情報を流出させることがない、利用者の取引情報を守る匿名仮想通貨だ。

RSPは、リクルートグループにとって新領域と言える新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘および事業機会の獲得を目的に、有望なスタートアップ企業を対象として投資活動を実施している。その活動の一環として設立されたRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.は、ブロックチェーン技術がさまざまな分野で応用されることが期待される中、同領域でスタートアップ企業に迅速な投資を行うことを目的として設立されたファンドだ。

同ファンドは主に海外のスタートアップ企業を対象とし、関係各国の規制やルールに則って投資対象を検討している。また、同ファンドはトークンを用いて資金調達を行う投資活動に着目しており、ブロックチェーン技術の発展と普及を推進していくことも重視していることが特徴だ。

ブロックチェーンは近年、さまざまな業界で実証実験や導入が進み、注目を集める技術だ。その一方で、ブロックチェーンは第三者から検証可能であることが重要な要件であることから、機密情報を扱う企業などではガバナンスの観点でブロックチェーン活用に踏み切れないジレンマがあった。リクルートではこうしたジレンマを認識し、今回の投資に踏み切ったと考えられる。世間一般で知られる求人媒体としての枠組みを超え、いまやブロックチェーン関連スタートアップにまで投資を進めるリクルート。人材領域におけるブロックチェーンの活用や、リクルートのキャッチコピーでもある「まだ、ここにない、出会い」を届ける新たなサービスの誕生に期待したい。

【参照記事】リクルート、ブロックチェーン技術を対象にした新投資ファンドを通じ、機密情報に配慮したブロックチェーンを提供するBeamへ出資


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。