楽天ウォレットが暗号資産証拠金取引(仮想通貨FX)サービスの提供を開始

楽天グループの連結子会社で暗号資産(仮想通貨)交換業を運営する楽天ウォレット株式会社は3月26日、暗号資産証拠金取引(レバレッジ取引)サービスの提供を開始し、新たに暗号資産証拠金取引専用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレットPro」を公開した。

「楽天ウォレットPro」の取引画面では、複数の資産の一括管理や、利用者にとって最適なチャート表示などのカスタマイズが可能で、細やかなニーズに対応した証拠金取引に特化するインターフェースを採用している。また、安心・安全な取引環境を提供するため、証拠金は「楽天信託」を通じた銀行預金として保全をするほか、証拠金取引においては、証拠金維持率が100%未満になると、利用者の損害を一定以下に限定するために、維持率が100%を回復するまで建玉(ポジション)を強制決済(ロスカット)する仕様となっている。

本アプリでサービスを提供することにより、お客様は、24時間365日、場所を選ばずに証拠金取引ができる。証拠金取引の対象となる暗号資産は、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「ライトコイン(LTC)」「リップル(XRP)」となり、BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPYの5種類の取扱通貨ペアで、最大で証拠金の2倍までの取引が可能となる。

同サービスには、現物取引口座と証拠金取引専用の口座双方の開設が必要となるが、楽天ウォレットで現物取引口座をすでに持っているユーザーは、マイページ上にある専用フォームに必要情報を入力するだけで証拠金取引口座をもう塩コムことができる。楽天ウォレットは今後も、楽天グループの仮想通貨交換業者として安全・快適にご利用いただける取引サービスを提供するために、楽天グループのシナジーを生かし、さらなるサービスの拡充を図っていく考えだ。

【関連記事】楽天ウォレットの口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」