クレジット会社JCB、データチェーンとの提携で「デジタル通貨交換プラットフォーム」構築

日本の大手クレジット会社JCBが、日本のブロックチェーン企業Datachainとの提携によりデジタル通貨交換プラットフォームを開発中であることが分かった。同プロジェクトは今年8月より研究が開始している。

Datachainは2018年に創設されたブロックチェーン企業で、複数の異なるブロックチェーン間を相互運用するためのプロジェクトHyperledger Labs YUIが代表的なプロダクト。プレリリースによると、同社のYUIや複数のクロスチェーンのスマートコントラクトを実行するCross Frameworkを用い、IBC(ブロックチェーン同士の相互運用性を担保する仕様標準)を導入することで異種ブロックチェーン間の相互接続・流通についての有用性を検証するとしている。

JCBは、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)や民間におけるデジタル通貨の発行と流通について言及、利用拡大に向けての基盤が必要となるとしている。デジタル通貨の交換は、第三者に依存しない形での交換が広がっていく可能性を考え、今回の実証実験に至ったとしている。

JCBは2019年、米B2B決済会社PayStandとのトライアルでブロックチェーンベースのB2B決済プラットフォームを構築しており、2021年初めにはエンタープライズブロックチェーンのスタートアップ企業KeyChainとの協力でマイクロペイメントソリューションの開発を発表している。また、JCBはデジタル通貨取引におけるマネーロンダリングなどのリスク回避対策にも注力しており、LayerXと共同でブロックチェーンのプライバシーと機密性についての論文を発表するなど、ブロックチェーンを活用した決済ソリューション構築に向けて取り組みを進めている。

【参照記事】Datachain、JCBと「デジタル通貨交換基盤」構築に向けた実証実験を開始|株式会社Datachainのプレスリリース

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。