日本の終活産業の変革に挑むベンチャー「はなまる手帳」、イークラウドで資金調達

4人に1人が75歳以上の超高齢社会を見据え、終活・相続の課題に挑む『はなまる手帳』

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービスを行うイークラウド株式会社は第7号案件「4人に1人が75歳以上の超高齢社会を見据え、終活・相続の課題に挑む『はなまる手帳』」の概要を事前開示した。事業者の株式会社はなまる手帳は、終活に関わるプラットフォームを運営するベンチャー企業。募集予定期間は8月22日から27日まで、目標募集額 2千万円、上限募集額5千万円。

はなまる手帳は、終活・相続に関わる様々な課題をワンストップで解決できる、専門家とのマッチングプラットフォーム。4人に1人が後期高齢者となる超高齢化社会を見据え、事業を通じ終活の課題解消を目指す。

現在の終活産業で、同社が指摘する課題は主に①専門家にまとめて相談できる場がない②消費者と事業者間の情報の非対称性③サービスの選択肢が画一的で少ないという3点。同社のプラットフォーム事業は「プラットフォームが各業種の市場を独占するのではなく、ユーザが本来の比較検討を行え、専門家があるべき市場競争を行えるという三方良しの思想」に基づきサービス設計を行っている。

終活に向けたワンストップサービスの提供で終活産業の課題解決を目指す

サービスを提供する税理士、葬儀社といった専門家は、はなまる手帳を利用することで顧客と直接商談を行え、加盟料無料で顧客流入先を増やすことができる。すでに公開1ヶ月で300名の専門家の提携申込みを受けているという。

案件の開示を記念し、8月20日午後8時から、はなまる手帳社長の吉野匠氏を迎えた投資家向けトークライブを開催する。90年続く葬儀社の5代目で、自身も16年間、業務に携わってきた吉野社長が、起業の経緯や自社の戦略を語る。イベント終了後にはイークラウドにおけるはなまる手帳の募集ページにアーカイブ動画の掲載を行う予定。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」
【関連記事】イークラウドの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」