エルサルバドルの専用ウォレットが予定通りローンチへ、ビットコイン法の施行と同時に

世界で初めてビットコインを法定通貨とする法案を可決したエルサルバドルで、ビットコインを取り扱うための専用ウォレット「Chivo」がローンチされることがわかった。ナジブ・ブケレ大統領が自身のTwitterで8月23日に明らかにしている。

Chivoは、当初予定されていた9月7日から変更なくローンチされるという。併せて、エルサルバドルでビットコインが法定通貨として正式に流通するようになる。国民は、Chivoの利用を強制されるわけではないものの、ダウンロードすると30ドル相当のビットコインを受け取ることが可能だ。

ブケレ大統領は、Chivoの使用は任意であり強制力は全くないことを繰り返し強調している。あくまで国内の基軸通貨はドルのままであるとし、ビットコインは選択肢の一つとして追加されることを強く主張した。

Chivoには、ドルとビットコインを相互に換金できる機能が実装されているという。また、国内に200台のビットコインATMを設置する準備も整っていると発表した。ATM以外にも、入出金が可能となる場所を50箇所設けるとし、ビットコインやChivoに関する説明を受けられるようにするとのことだ。

エルサルバドルでは、6月にビットコインを法定通貨として認める法案を可決し、9月7日を目処に施行することを発表していた。当初の予定通り、9月7日に法律が施行され、Chivoをインターフェースとしてビットコインが国内に流通することになる。

ブケレ大統領は、Chivoを利用することで手数料なしに送金が行えたり、観光業の従事者へビットコインでチップを支払ったりできると説明し、実際に利用が始まれば多くのメリットを実感できるようになるだろうと言及した。

小売店に対しては、ビットコインを使用したいという消費者の需要を取り込まずに、従来のまま高い送金手数料を支払い続ければ、ビジネス形態はこれまでと何ら変わらないと補足している。

法案が可決されて以降、ブケレ大統領の独裁制を指摘する声も多く見られており、大統領としては、ビットコインの利用はあくまで任意であることを強調した格好となった。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照URL】https://twitter.com/nayibbukele/status/1429607967767289858

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec