コインチェックが新規口座開設と一部仮想通貨の入金、購入サービス再開

仮想通貨取引所Coincheck(以下、コインチェック)が10月30日、口座の新規登録と仮想通貨の入金、仮想通貨の購入サービスを再開した

コインチェックは2018年1月26日に約580億円分の仮想通貨NEM(XEM)を盗まれて以降、新規登録やビットコインを除く仮想通貨の売買を停止していた。170万の口座が開設されていた日本最大級の仮想通貨取引所コインチェックで起きたハッキング事件は、仮想通貨の盗難事件の中でも、ビットコインが史上最高値を更新し続けアルトコインも軒並み高騰している最中に発生したことから、被害額が群を抜いて大きく、日本だけでなく世界からも注目された。

2018年10月30日から入金が可能になる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4通貨で、購入可能になる仮想通貨はイーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの3種類だ。

これまでコインチェックは、金融庁からの業務改善命令を受け、マネックスに買収されて以降、サービスを順次再開してきた。今回のサービス再開により、ユーザーは、新規口座開設、仮想通貨の入出金と売買、日本円の入出金、レバレッジ取引における決済と証拠金の入金、Coincheck貸仮想通貨サービスを利用できる。

【参照記事】新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」