bitbank、「仮想通貨を貸して増やす」9月期の募集を開始

ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank」は9月6日、「仮想通貨を貸して増やす」サービスの9月期の募集を開始した。

本サービスは、ユーザーが保有する仮想通貨をbitbankに貸し出し、1年後に利用料として、貸付した数量の3%から5%の仮想通貨を受け取ることができるものだ。現在はビットコインのみの取り扱いだが、今後はリップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等への対応も予定している。

利用料については、1BTC以上5BTC未満を貸し出した場合は3%、5BTC以上10BTC未満を貸し出した場合は4%、10BTC以上を貸し出した場合は5%に設定されている。申し込みの最小数量は1BTC、最大数量は25BTCだ。なお、途中で解約した場合には手数料5%を差し引いた額が返還される。

今期の募集は9月30日まで、満了期日は2019年9月30日となっている。申請は上限数に達し次第終了となるので、ビットコインの長期保有を決めている方は、預けるだけで年利がつくこのサービスをぜひ検討してみてはいかがだろうか。

【関連ページ】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」