LINE、グループ会社のLVC、野村ホールディングス、ブロックチェーン事業における資本業務提携

LINE株式会社と、LINEのグループ会社であるLVC株式会社、および野村ホールディングスは10月4日、ブロックチェーン分野における長期的パートナーとして、ブロックチェーン技術を活用した新しい金融サービスの提供を目指すと発表した。

本契約締結の背景と目的には、野村グループには金融資本市場を通じて「豊かな社会の創造」に貢献するという社会的使命があり、最も信頼できるパートナーとして顧客に選ばれる金融サービスを目指し、グローバルな金融事業展開を行なっている。

LINEは、コミュニケーションアプリとして人や情報・サービス、企業、ブランドとシームレスに繋がるスマートポータル戦略を推進し、日本国内で月間利用者8,100万人を超えるユーザーに対して付加価値の高いサービスを提供している。またLVCはブロックチェーンを基盤とし、サービス提供者とユーザーの共創関係をLINEトークンエコノミーとして構築・拡大するため、仮想通貨取引所BITMAXを提供している。

LINEのユーザーベースに加え、ユーザビリティの高いUI/UXと、野村グループの金融ビジネスのノウハウを活かし、この度ブロックチェーン関連事業での協業に向けた締結に至った。また、LINEは本提携における連結業績に与える影響は軽微とし、重要な影響を与えると判明した場合、速やかに発表するとしている。

LINEは日本最大級のコミュニケーションツールとして知られ、2018年12月にはみずほファイナンシャルグループと組んで金融業に参入した際は話題になった。こうした取り組みの先にはLINEが目指す独自通貨によるトークンエコノミーの拡大というビジョンがあった。野村グループをはじめとする金融業界もこうしたトークンエコノミーへの参入を目指していることは、昨今のFacebookが関わるLibraの論争を見ても明らかだ。引き続き注目していきたい。

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。