リップル、第二四半期のXRPマーケットレポートを公開へ

国際送金ソリューションサービスを提供する米リップル社は7月24日、2019年の第二四半期マーケットレポートを公開した。

XRPマーケットレポートと題される本報告書では、リップルによるXRP売却の概要や戦略、XRPのエコシステムを拡大するインキュベートプログラム「Xpring」や国際送金ネットワーク「RippleNet」の提携状況、前期の市場動向の振り返りが行われている。

レポートによると、デジタルアセットの時価総額はQ2で急激に増加しており、リップルは2億5,151億米ドル相当のXRPを売却したことが報告されている。しかし、リップルは、売却にあたって参照するCoinMarketCapのベンチマークが不正確であったことから、同社が想定する売却量ではなかったとしている。これを受け、リップルは第3四半期において、売却のベンチマークをCoinMarketCapからCCTTへ変更し、より保守的なアプローチを取っていくという。

規制関連トピックとしては、規制の周知を目的としてSEC(米証券取引委員会)がXRPレジャーのようなパーミッションレスの台帳上でノードを設立したことや、英FCAがXRPやETHをセキュリティトークンではないとしたことが挙げられている。

【関連記事】XRPとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Q2 2019 XRP Markets Report

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。