VALUがトークン売買サービスを終了、ユーザーの暗号資産を返却へ

株式会社VALUが運営するSNSサービス「VALU」は1月15日、3月2日13:00をもってVALUで利用できるトークン「VA」の売買サービスを終了、3月31日を期限にユーザーから預っている暗号資産(ビットコイン)の返却手続きを進めることを発表した。

VALUは、ブロックチェーンテクノロジーを使うことで、個人の価値をシェア・トレード可能にし、なりたいものや、やりたいことがある個人が継続的な支援を募ることができるプラットフォームだ。2017年5月のβ版リリース以降、ビットコインを用いた取引が行われていた。

VALU社は、2019年5月31日に可決された暗号資産に関する改正資金決済法に含まれる『暗号資産カストディ業務に対する規制』に対応するべく検討を進めた結果、VALUにおける暗号資産カストディに関わる業務を断念することを決定した。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】VA(MY VALU)売買サービスの終了、及び、お預かり暗号資産の返却 について

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」