東京金融賞2019、ESG投資部門の受賞は三菱UFJモルガン・スタンレー証券など3社

東京都は1月24日、「東京金融賞」の受賞者を発表した。都は2017年11月、“東京が世界に冠たる国際金融都市として輝くために、目指すべき都市像、今後実施していくべき具体的施策”として「国際金融都市・東京」構想を発表。同賞はその中の1つの施策で、都民のニーズなどの解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者、およびESG投資の普及を実践する金融事業者を「金融イノベーション」「ESG投資」の二部門で表彰する。このうちESG投資では三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、新生企業投資株式会社、S&P Dow Jones Indices(ダウ・ジョーンズ・インデックス) LLCの3社が受賞した。

ESG投資の普及に向けた活動として、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は「国内マーケットにおけるESG債普及への貢献」として グリーンボンドマーケットにおいて国内1位の4分の1超のシェアを獲得している点、グリーンボンド・ストラクチャリング・エージェントの就任件数についても国内1位である点、国内ESG債マーケットの創成期からのパイオニアとして、マーケットの発展に貢献している点、グリーンボンドのフレームワークの策定などを通じて、グリーンボンドの発行支援を行う点が評価された。

新生企業投資は「子育て・介護支援ファンド組成を通じたインパクト投資の実践」として、社会課題解決に対する取り組みとして、邦銀系初のインパクト投資ファンドを組成した点、都民にとって身近で分かり易い課題を選定するとともに、ファンドの社会的なリターンと経済的なリターンも両立している、経済的リターンと社会的リターンの両立を目的とする投資スタイルが挙げられた。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは「温室効果ガス削減を目的とした指数の開発」が挙げられる。温室効果ガス削減を目的とした日本株式及び外国株式の指数をGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が環境株式指数として採用し、約1.2兆円規模で運用を開始している。また、指数構成企業に対して炭素効率性の改善を奨励するとともに、エンゲージメントなどを通じて企業の環境問題に対する意識向上・改善を図っている。

2月12日(水)午後2時より六本木ヒルズ森タワー49階タワーホールで表彰式が行われる。なお、都が同賞に関連して都民にSG投資に関連する社会課題の関心についてのアンケートを行ったところ、関心が高いテーマの1位は気候変動(地球温暖化、二酸化炭素排出、エネルギー効率化、環境汚染)、2位が環境市場機会(クリーンテクノロジー、再生可能エネルギー)、3位が人的資本(労働管理、女性活躍推進、ダイバーシティ推進、人的資源開発)となった。

【参照記事】東京都主催「東京金融賞2019」審査概要

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」