スマートコントラクト記述言語「Solidity」の2021年開発者アンケートが公開

2021年Solidity開発者アンケートが2月27日に公開された。Solidityとは、暗号資産やNFTを作成する際に使用するスマートコントラクトを実装するためのプログラミング言語の1つである。

アンケートは下記の7つに分類されている。

  • 開発者プロファイル
  • Solidityの経験
  • Solidityの専門性
  • 開発者としての経験
  • 言語の制限性
  • 期待している機能
  • 好きな機能と嫌いな機能
  • コミュニティへの参加

アンケートには、世界73ヵ国から計435名の開発者が参加したという。2020年と比較すると、100%以上回答が増える結果となった。回答者の居住地は、2020年の48ヵ国から2021年の73ヵ国へと劇的に増加し、20%以上がアメリカ、次いで9%がインド在住と回答している。

英語を母語とする人が35%で、全体の80%以上の大多数が仕事では主に英語を話すとのことだ。ただし、このアンケートは英語のみで構成されていることに注意したい。

Solidityの経験は1年未満が56.1%、1〜2年が15.8%、2〜3年が12.5%、3年以上が15.5%となっており、1年未満の割合が昨年より若干増加している。

Solidityを使い始めてから生産性を感じるまでに要した期間としては、回答者の26.7%が1ヶ月未満、30.7%が半年未満、7.7%が1年以上かかると回答している。残りの23.3%は生産性を感じておらず、そのうち75%以上はSolidityを使い始めて6ヶ月以下の開発者たちだった。

SolidityはC++、Python、JavaScriptの影響を受けているが、回答者の好きなプログラミング言語は、各言語に均等に分布している。Pythonが最も多く全体の22.7%を占め、次いでSolidity(19.4%)、JavaScript(14.5%)、TypeScript(10.8%)、Rust(8.4%)となった。

イーサリアムの開発環境として最も人気があるのはHardhatで、全体の45%近くが使用しているようだ。それに続いてTruffleとRemixがそれぞれ約17%となっている。

DeFi Llmaによると、2月12日現在でSolidityによって記述されたコントラクトのTVLドミナンスは75.27%に及ぶという。

【参照記事】Solidity Developer Survey 2021 Results

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec