米SEC、ウィルシャーフィニックスのビットコインETF申請の可否分析のさらなるコメント募集

米国証券取引委員会(SEC)は、ウィルシャー・フィニックス・ファンズが申請しているビットコイン取引所上場ファンド(ETF)の承認可否判断への手続きを開始したと報告した。24日、公式文書で発表している。

文書によると、SECはインターコンチネンタル取引所(ICE)が所有する、株式等の電子取引所「NYSE Arca」において、ウィルシャー・フェニックスのビットコインと財務投資信託の株式を上場し、取引を可能にするための規則変更案の評価を開始した。両社は今年5月に最初の規則変更提案を提出しており、パブリックコメントを募集していたが、現時点で6件が投稿されたのみである。

評価の焦点となっているのは、このプロジェクトが詐欺的で操作的な行為や慣行を防止し、公正な環境の中で投資家と公益を保護できているかついてである。SECは最終決定を控えるにあたり、ウィッシャー案件の評価の分析につながるさらなるコメントを募集中だ。

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」