シュローダーが「エンゲージメント・ブループリント」発表。アクティブ・オーナーシップの新基準示す

シュローダーは5月9日、「エンゲージメント・ブループリント」を発表した。アクティブ・オーナーシップに関する新しい基準と、株式・債券ファンドマネジャーおよびアナリストのエンゲージメント(企業と対話し企業価値向上に資する行動を促す取り組み)における目標を示す内容。アクティブ・オーナーシップとは、投資資産の価値を守り、さらに高めるため、株主として投資先企業の行動に積極的に影響を与えること。

エンゲージメント・ブループリントの中核テーマとして設定されたのは、気候変動、コーポレートガバナンス、ダイバーシティ&インクルージョン、人的資本管理、人権、自然資本と生物多様性の6つ。

ファンドマネジャーとアナリストは、企業とエンゲージメントを行う際、エンゲージメント・ブループリントに記された6つの中核テーマから選択できる。こうしたエンゲージメント重視の姿勢は、「アクティブ・オーナーシップが顧客のための超過収益獲得に役立つ」というシュローダーの信念を反映したものだという。

同社は、本社を置く英国で投資先企業に対しエンゲージメント・ブループリントに関する書面を送付。今後は海外にも展開する計画で、顧客のポートフォリオにサステナビリティを統合し、アクティブ・オーナーシップを重視する姿勢をさらに強化していく意向。

さらに「企業、顧客、その他の主要なステークホルダーに、アクティブ・オーナーシップの優先順位について透明性を確保することは重要。これにより、顧客は当社が顧客に代わってどのようにアクティブ・オーナーシップの責任を果たそうと計画しているかを理解し、企業は、弊社が注力している主要な分野を理解することができる」と意義を説明。「取締役会が主導して、株主の権利と、重要かつ長期的なサステナビリティ課題について、株主および長期債保有者双方との建設的なエンゲージメントを受け入れることを企業に期待している」とコメントしている。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」