SBI証券、日本初となる暗号資産eワラント「ビットコインレバレッジトラッカー」提供開始

株式会社SBI証券は2月15日、個人投資家向けカバードワラント(eワラント)の新規銘柄として「ビットコインレバレッジトラッカー」の提供を開始した。

「ビットコインレバレッジトラッカー」は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している特定の限月の米ドル建ビットコイン先物を対象とするeワラント。「ビットコインレバレッジトラッカー」の対象原資産は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している特定の限月のビットコイン先物の価格に概ね連動する投資成績を目的に作成されたビットコイン先物リンク債となる。

今回のサービス提供開始により、同社の利用者は、eワラント専用取引口座から、ビットコイン先物価格上昇時に値上がりが見込める「ビットコイン先物リンク債プラス5倍トラッカー」とビットコイン先物価格下落時に値上がりが見込める「ビットコイン先物リンク債マイナス3倍トラッカー」の取引が可能となる。

「ビットコインレバレッジトラッカー」はビットコイン先物相場を対象とした日本初の個人投資家向け証券化商品だ。ビットコイン先物の変動幅のほぼプラス5倍、マイナス3倍の値動きとなっており、レバレッジ投資でありながら追証はなく、最大損失は投資元本に限定されることが特徴。1万円程度の少額からビットコイン相場に投資が可能で、ハッキングや盗難のリスクなくビットコイン相場に投資が可能だ。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】SBI証券の評判は?メリット・デメリットやおすすめの使い方も

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。